スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ちくたくぼんぼん 第十五話

2011.08.28 *Sun
コーラス 2011年10月号
日本
集英社

第十四話感想

最・終・回でした!
ついに終わってしまった~というべきなのでしょうが、読む数日前まで全然終わるって知らなかったのでなんだかもやもや。
普通は予告の段階で「ついにクライマックス!」とかあるのに~。


以下ネタバレでーす
CATEGORY : 漫画
DATE : 2011/08/28 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ドリーナ姫童話~クイーン・ヴィクトリア冒険譚~

2011.08.20 *Sat
ドリーナ姫童話~クイーン・ヴィクトリア冒険譚~
もとなおこ 著
日本
秋田書店

天使を見る目を持ったイギリス女王ヴィクトリア女王がかつてアレキサンドリーナ・ヴィクトリア――ドリーナ姫と呼ばれていた頃の話。姫の母親であるケント公妃の個人秘書コンロイが徐々に王室での勢力を伸ばしていた。母を操り自分を、そしてイギリスを押さえつけられることに危機感を募らせる姫だが、自分ひとりではなす術がない。姫を見守ってきた天使たちは彼女の運命の相手であるプリンス・アルバートを探す。


『レディー・ヴィクトリアン』のエヴァローズ牧師が語る童話のイメージ”だそうです。素敵!
絵柄もお話も可愛らしい感じ~。


以下ネタバレありでーす
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

Dearホームズ

2011.08.18 *Thu
Dearホームズ
もとなおこ 著
日本
秋田書店

名探偵シャーロック・ホームズが宿敵モリアーティ教授と共にライヘンバッハの滝に消えて3年、ホームズの良き相棒だったワトスンは2代目ハドソン夫人に招かれベーカー街221Bの扉を叩く。夫人によると何者かが家の前にドールズハウスを置いていったという。忠実に221Bを再現したそれをワトスンが調べていると、彼の耳に懐かしい声が飛び込んだ。


ホームズものは1、2本しか読んでないししかもよく覚えていないのぞみですが、それでも楽しめました。
やっぱり英国紳士はかっこいいな~。


以下ネタバレ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ツリー・オブ・ライフ

2011.08.16 *Tue
The Tree of Life
テレンス・マリック 監督
2011年 アメリカ 138min

109シネマズMM横浜 シアター2
188s SRD/DTS/SRD-EX


1950年代、テキサスにごく普通の一家が暮らしていた。やんちゃに駆け回る3人の兄弟(ハンター・マクラケン、ララミー・エップラー、タイ・シェリダン)、優しい母(ジェシカ・チャスティン)、そして厳格な父(ブラッド・ピット)――。一家はお互いに愛し合い、時には憎しみを覚えながら家族としての時を過ごす。早すぎた次男の死をも越えて長い時が経った現在、成人した長男ジャック(ショーン・ペン)は幼かった日々を思い起こす。


描きたかったものはものすごく大きいんだろうな。きっと。
成功してるかしてないかは私にはわかりません。


ネタバレ?この映画にネタバレってあるの?どうでしょう?とにかく以下隠しまっす
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2011 ~東京交響楽団 フィナーレコンサート

2011.08.14 *Sun
フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2011
東京交響楽団
指揮:ヨエル・レヴィ
サンピアンかわさき

あっという間に今年のサマーミューザも終了です。
初めて行ったサンピアンかわさきは競輪場の隣にありました。川崎感!
節電モードながらも瞬冷パックが配られたりして心も体も癒されました。


さて、今回もよく知らない曲でござる。
古典交響曲 ニ長調 作品25/プロコフィエフ
交響曲第4番 変ロ長調 作品60/ベートーヴェン
コリオラン序曲/ベートーヴェン(EC)

そういうわけでやっぱり迫力にのまれるしか出来なかったんですが、交響曲ってなんとなくかっちりしたイメージがあったんですけど2曲とも、とりわけプロコフィエフは変幻自在というか面白い曲でした~。
物語に付いている曲みたいな。
ベートーヴェンの第4は第3と5にはさまれているためやや目立たない存在かも、とパンフにもありましたが実際私も初めて聞きましたがじゃかじゃか大変に盛り上がる曲ですね(←大変に残念な表現ですね)
座って聞いているだけなのが申し訳ないぐらいみなさんパッショネートでした。
コリオラン序曲は、終了後掲示された曲名を見て初めてあ、聞いたことある曲だったんだと知りました。
以前いっちょまえに悲劇だのどうこう書いてて恥ずかしいですね。今回はあら大変な迫力!としか感じられていなかった気がします。


と、今年は知ってる曲を堪能出来なかった点では個人的に残念でしたが、そしてミューザの崩壊と相当残念なことが起こっていますが、フェスタサマーミューザが無事開催、終了したことがとても嬉しく、関係者の方々に感謝です。
開催され続けるのにも意味があるならわからないなりにも聞き続けるのも何か意味があるかもしれない。ぐっと掴まれる曲に出会うかもしれないし。
とかもっともらしいこと書いて終わりとさせていただきます。アリガトー!
CATEGORY : Music
THEME : クラシック / GENRE : 音楽
DATE : 2011/08/14 (Sun)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。