This Category : アメリカ文学

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

黒後家蜘蛛の会 1巻

2008.09.11 *Thu
Tales of the Black Widowers
アイザック・アシモフ 著
アメリカ
池央耿 訳
東京創元社

2巻感想
新版の表紙怖すぎる…

ひと言、よろしゅうございますか?


月に一度、NYのミラノ・レストランにて“黒後家蜘蛛の会”の例会は催される。メンバーは6人の紳士。他愛ない話の中に紛れる謎を解くべく議論は白熱するが、彼らの推理は行き詰まる。真実を言い当てるのは常に給仕のヘンリー。彼もまたこの会のメンバーなのである。


ヘンリー、いいっすね…(´∀`*)ウットリ
鋭い推理、時にバッサリ辛口な事言ったり…でも控えめ~で優秀な給仕。
気付いたら料理が出てるとか文句なしの仕事ぶり、そして暗号専門家の誘いを断るとか素晴らしいです。
ジーヴスがモデルらしいです。本当に彼って出来る使用人のスタンダードなのね。


井戸端会議といえば主婦のもの、というイメージが強いですがなかなか男性だっておしゃべり好きね。
手間とお金はかかってるけどやってることといえば同じでちょっと可愛いなと思ってしまいました。
話がどんどこ横道にそれたりするところも。
ルービンうざいww

そしてあとがきにあった黒後家蜘蛛についてのミニ知識ににやり。
こういう名前を男性のクラブにつけるという自虐めいたセンスが面白いです。


短編でサクサクと、ライトなのも読みやすくていいですね。
タネも複雑すぎず、でもああやられた!と感じてしまうものばかり。
「会心の笑い」の真相は予想通りだったのでへへん、となめてましたがその後は見事にわっかりませんでした。

一番エエッってなったのは「明白な要素」ですかね。でも落雷のくだりで納得。
「日曜の朝早く」「指し示す指」が個人的に満足度高い。
「死角」は目の付け所が頭いいからだけじゃない、みたいなところがちょっと好き。


ああ楽しかった~。
間を空けながら続刊も読んでいくつもりです。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ロリータ

2008.06.04 *Wed
Lolita
ウラジーミル・ナボコフ 著
アメリカ
大久保康雄 訳
新潮社
これってアメリカ文学でいいんですよね?

幼い頃の恋人アナベルを忘れられずにいたハンバート。いつからか彼は思春期前の少女―ニンフェットの魅力にとりつかれるようになった。下宿先を探していたハンバートはアナベルの面影を宿す少女ロリータと出会う。彼女の母親シャーロット・ヘイズに気に入られたハンバートは、このヘイズ母娘と暮らすことになる。


いやー進まなかったな~。
難しくてわけわかりませんでした。
だから登場人物多いのとか呼称ころころ変わるのとか無理なんだってば!(逆ギレ)


ネタバレ含んで続きます。いつもにましてろくでもない感じです
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

続あしながおじさん

2007.12.15 *Sat
Dear Enemy
ジーン・ウェブスター 著
アメリカ
松本恵子 訳
新潮社

同シリーズ:『あしながおじさん』

ジュディは、かつて自分が育った孤児院ジョン・グリア院の改革権をプレゼントされる。実際に改革を行う院長として指名したのは、学生時代からの親友サリー。いやいや始めることになった仕事だが、徐々にサリーは院長としての実力を発揮していく。


いやー読書って楽しいですね! と久しぶりに思いました(苦笑)
つくづく自分は少女趣味だと再確認。再確認するのなんどめだナウシカ

邦題の2匹目のドジョウ狙ってます感がありありと感じられ、
(直訳で十分惹かれるのになあ。一筋縄じゃいかない感じが可愛らしいじゃないか)
加えてジュディが主役じゃないという時点で読む気皆無だったんですが、とても面白かったです。


以下はネタバレのつもりはないが微妙なところだよ
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

あしながおじさん

2007.07.30 *Mon
Daddy Long Legs
ジーン・ウェブスター 著
アメリカ
松本恵子 訳
新潮社

同シリーズ:『続あしながおじさん』
漫画:『Daddy Long Legs』

孤児のジルーシャは文学の才を認められ学資援助の誘いを受ける。条件は月に一度、名も知らぬ後援者へ手紙を書くこと。ジルーシャは垣間見た後援者の後姿と影から、彼を「あしながのおじ様」と呼び学校生活を綴った手紙を送り続ける。


勝田文『Daddy Long Legs』のときめき冷めやらず、原作購入。
読んでた本ほっぽってギラギラ読んでました。
うーん、やっぱりいいわあ。


わりとネタバレな気がするんで隠しで
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

ブラック・ダリア

2007.07.05 *Thu
Black Dahlia
ジェイムズ・エルロイ 著
アメリカ
吉野美恵子 訳
文藝春秋

映画:『ブラック・ダリア』

ロス市警のバッキーとリー。彼らは仕事上のパートナーであり、プライベートでもリーの同棲相手ケイを交えた友人同士であった。1947年1月、若い女性の惨殺死体が発見され、事件は<ブラック・ダリア事件>と称される。リーは事件解決に没頭、初めは一歩退いた態度であったバッキーもまた、<ダリア>の虜になってゆくのであった。


映画版は正直結構忘れてたり。
今となってはなんでヒラリー・スワンクやねんと思ったことしか記憶にございません。
とりあえず忠実…というかいちいち克明に映像化してくれなくてよかったとまず思いました。
痛いシーンが多すぎる。


以下はネタバレで
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。