This Category : Music

スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2010 ~東京交響楽団 フィナーレコンサート

2010.08.15 *Sun
フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2010
東京交響楽団
指揮:飯森範親
ピアノ:横山幸雄
ミューザ川崎 シンフォニーホール

今年のサマーミューザもあっという間にフィナーレ!
3回行きましたがどれもおこさま狂想曲に巻き込まれなくてよかったよかった。


おしながき:
牧神の午後への前奏曲/ドビュッシー
ピアノ協奏曲 ト短調/ラヴェル
『幻想交響曲』 作品14/ベルリオーズ
EC:ラコッツィ行進曲/ベルリオーズ

めっちゃくちゃ今更ですが、プログラムの曲解説ってさすがわかりやすいですね。
いろいろ乏しい私は「解説に書いてあるとおりでした」としか言えません。

牧神の~、けだるーーーい、ひたすら優しい曲でした。
テンポが少し速くなってもあくまでもソフトタッチというか。
今回は知らない曲ばかりというのもあって、夢と現を何度も行き来してしまったけど、そういう楽しみ方も出来るセレクトだったということにしておきましょう。

ピアノ協奏曲は、もりだくさんだー。
『のだめカンタービレ』映画版に使われてたんですよね。観ておけばよかったかなあ。
ピアノの美しさにもうっとりだけど、打楽器の活躍にテンション上がってしまう。

そして幻想交響曲、解説読んで一体どんな曲かと思っていたら…
作曲者のメンタル状態を心配せずにはいられない仕上がり。
アーティストってやっぱりナイーブで大変。周りはきっともっと大変。
なんだか『はげ山の一夜』より怖かった気がします。執念の部分が。
まあ、このおどろおどろしさは嫌いじゃないけどね!
途中ティンパニのおにいさんがステージ離れてびっくりしました。
鐘を鳴らすためなんですが、どこにあったんだろ。

ラコッツィ行進曲、これもズダダダと引き込む展開でありながら、幻想交響曲より聞きやすいというか精神の安定?を感じて一安心して聞けたというか。


今日はとにかく体力すごく使いそうだなと思わせる曲ばかりでした。長さもあるし。
ECやってくれることにいつもより感激を覚えてしまった。さすがフィナーレ。

ところで、つくづくのだめでクラシックの客層とか変わったんだろうなーと思う。
これからも身近で楽しめる機会増えるといいなあ。
来年のサマーミューザが今から楽しみです!
なんだかんだで公開リハというものを一度も聞いてないので(´・ω・`)次こそは!!
CATEGORY : Music
THEME : クラシック / GENRE : 音楽
DATE : 2010/08/15 (Sun)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2010 ~新日本フィルハーモニー交響楽団

2010.08.05 *Thu
フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2010
新日本フィルハーモニー交響楽団
指揮:梅田俊明
ミューザ川崎 シンフォニーホール

本日のメニュー:
歌劇『エフゲニー・オネーギン』より「ポロネーズ」/チャイコフスキー
組曲『仮面舞踏会』より「ワルツ」/ハチャトゥリアン
前奏曲 作品3-2「鐘」(管弦楽編)/ラフマニノフ
バレエ音楽『四季』より「秋」~プチ・アダージョ/グラズノフ
交響詩『はげ山の一夜』/ムソルグスキー
EC:『ダッタン人の踊り』より Allegro/ボロディン

サマーミューザ2010第二弾~。
なんだかマエストロがいい人そうでした(微笑)
『のだめカンタービレ』ドラマ版に関わっていた人ということで、動きとか初心者にもわかりやすい明快な指揮だなあと思いました(←読書感想文?)


ポロネーズは、(そういう情報を得ていたからに違いないけど)ロシア~て感じしたし、チャイコフスキーがいかにも創りそうな曲。
華やかだけど重すぎないのが聞きやすいですねえ。

この夏一番のお目当て!仮面舞踏会はみんなのお目当てでもあったらしく、マエストロ曰く「今まで演っても数年に一度だったのに、真央ちゃんが使ってから1ヶ月に数回演っています」とのこと(笑)
んもー期待通り!!ゾクゾク圧倒されっぱなし。
毒を盛られたことを悟りすごい形相で夫をを見遣る女性の図が浮かんでしまった。
あと『鹿鳴館』も。『黒蜥蜴』は出てきませんでした(笑)
華やかさと愛憎が織り込まれててほんと美輪さまの言うとおりこの名前を持つ曲の中でも白眉だと思う。
(っても他の曲は『オペラ座の怪人』のと少年隊のぐらいしか知らないけど)

鐘もすごく荘厳。
冬に聞いたら心が凍てつきそう。
聞くのが痛いような気もするんだけど聞いていたい不思議な曲。

グラズノフの四季は冬から始まるので今回演奏された秋は最後の曲だそう。
そしてプチ・アダージョというけど本当はアンダンテなんだんて(…)
せっかくいろいろ教えてもらっても「ほう」としか言えない自分が歯がゆいけど、知れることは楽しいです。
ラストを飾るだけあって切なさというかいっそ冬っぽさまで感じる。晩秋なのかな。
それでいて一面黄金色の小麦畑を想起させる。

はげ山の一夜、おどろおどろすぎて逆に笑っちゃうと言うか出てきた妖怪?たちみんなおちゃめで可愛いやつばかりなんじゃないの?となぜか思ってしまいました。

で、アンコール。これアンコール?
ボリュームがすごかったよ~。旺盛なサービス精神を感じました。


短くテンポよく、情景が浮かびやすい曲が多かったのもあってあっという間のひとときでした。
マエストロのトークを交えて軽いタッチで、すごく親しみやすかった!
なんといっても仮面舞踏会を生で聞けてうれしい~。
CATEGORY : Music
THEME : クラシック / GENRE : 音楽
DATE : 2010/08/05 (Thu)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2010 ~東京都交響楽団

2010.07.29 *Thu
フェスタサマーミューザ KAWASAKI 2010
東京都交響楽団
指揮:キンボー・イシイ=エトウ
ピアノ:小川典子
ミューザ川崎 シンフォニーホール

今年も聞いてきたよ~。
コンサートの感想は映画・本のときよりさらにのぞみの薄さがきわだって恥ずかしいですが(つд`)ちびちび記録しようと思います。M。


本日のラインナップ↓
パリのアメリカ人/ガーシュイン
ラプソディ・イン・ブルー/ガーシュイン
アメリカン・シンフォネット 第2番/グールド
序曲『悪口学校』/バーバー
EC:プリンク・プランク・プルンク!/アンダーソン

もんのすごくステージに近い席で聞くことが出来ました。
奏者の顔・仕草よーく見えて楽しかったです。
近すぎてラプソディ~のときは視界がピアノで真っ黒になりました。
ペダルを踏む網タイツが印象的でした。セクシー(…)
なので標準よりかなりピアノ強めのラプソディになったものの、さすがノリいい曲でうきうきです。

パリのアメリカ人も「うまいタイトルつけやがって…」と納得の陽気さ。
みんなさまの服もちょこっとだけラフな感じでポップに過ごせたひとときでした。

ECのプリンク~、(他の楽器の人手持ち無沙汰!と思いつつも)すごく楽しかった!
こんな曲あるんですね。遊び心満載で今日のプログラム全体をかわいくまとめてくれました。


おまけ:


『マガジンカバーの世界展』
が企画展示室でやってました。
“ロートレック、ミュシャ、ビアズリー…”ということで、その辺の方々の作品(ざっくりだな!)、19世紀末~20世紀初頭の雑誌の表紙を飾った華の数々。
綺麗でした~ほくほく。
書かれてる言葉が異国語で意味がわからない(…)のも手伝ってるんだろうけど、もんのすごくおされだわ。
ばっちりひとつの世界を形成してますよね。
CATEGORY : Music
THEME : クラシック / GENRE : 音楽
DATE : 2010/07/29 (Thu)
COMMENT (3)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

フジ子・ヘミング チャリティコンサート

2010.06.11 *Fri
フジ子・ヘミング チャリティコンサート 2010新緑
きゅりあん

ご存知かとは思いますが私の耳は一級品でもなんでもないのでさすがフジ子・ヘミングここが違う!とかはまっったくわからないです。
ただ優しく軽やかな感じがした…寝落ちするほどに。

曲目はこちら
シューベルト/
    インプロンプトop90-3
    楽興の時op94-4
ショパン/
    ノクターン 遺作
    エチュード op25-1牧童、op25-11木枯らし、op10-3別れの曲
    ソナタop35
バッハ/
    プレリュード、サラバンド、コラール
リスト/
    ため息
    パガニーニ エチュード No.6、No.3
EC
ベートーヴェン/
    テンペスト
ラヴェル/
    亡き王女のためのパヴァーヌ

『ラ・カンパネラ』すげかった!!
連れが「手が20本あるのかと思った」と言ってたけどほんとそんな感じ。
あの身体のどこにそんなパワーがあるのかというほど力強かったです。


ぶっちゃければすべての印象を弟君ウルフ氏がもっていった感じなんですが。
いろいろ貴重な経験ができました。
あ、あとカーリーのお花も綺麗だった。
CATEGORY : Music
THEME : ピアノ / GENRE : 音楽
DATE : 2010/06/11 (Fri)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

東京フィル「第九」特別演奏会

2009.12.27 *Sun
東京フィルハーモニー交響楽団 「第九」特別演奏会
東京オペラシティコンサートホール

東京フィルハーモニー交響楽団
指揮:オンドレイ・レナルト
ソプラノ:中嶋彰子
アルト:山下牧子
テノール:笛田博昭
バリトン:甲斐栄次郎
合唱:東京オペラシンガーズ


今年も聞くことが出来ました。しあわせ。


まずはコリオラン/ベートーヴェン

映画のようなドラマチックな曲でした。
悲劇から、という解説を読んだせいでの記憶補正かもしれないけど、不吉な感じも漂っていてそこがまたよい。
終わり方もなんだかかっこいいですよね~。一瞬終わったのかよくわからなかったけど。


そして8分の曲の後15分休憩をとり、いよいよ

交響曲第9番ニ短調「合唱付き」 op.125/ベートーヴェン

なんだろう座ったところが雑音の集まるところ(そんなところあるのかもちろん知りません)だったのか時折かすれた音や裏返った音が聞こえた気がしたけど、曲が進むにつれ出なくなったのか気にならなくなりました。
全体的にややゆっくり?で聞かせるわあ。

やっぱり合唱いいです。なんなんだろうねあの爆発する感じ。
生じゃないと味わえなくて、また来年も聞きたいと思う。
今回の席はものすごくサイドで全体がぜんっぜん見えなかったんだけど、マエストロの表情はよ~く見えて、彼を見てたらますます気持ちが盛り上がってしまいました。
CATEGORY : Music
THEME : クラシック / GENRE : 音楽
DATE : 2009/12/27 (Sun)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。