スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

蟲師

2007.03.29 *Thu
蟲師
漆原友紀 著
日本
講談社

映画:『蟲師』

諸事情(友人の財政難)により既刊全部は読めていないのですが大半一気読みしたので感想書いてしまう。

およそ遠しとされしもの――下等で奇怪 見慣れた動物とはまるで違うとおぼしきモノ達 それら異形の一群をヒトは古くから畏れを含み いつしか総じて「蟲」と呼んだ(p3)
ヒトと蟲の世が重なるとき、彼は現る。ギンコは蟲を呼び寄せる身体を持つ蟲師であった。


おもしろいすねー。
どこがどう面白いのか、どんなストーリーかと説明するのがひどく難しいけれど。

時代物?ではないんだろうけどこういう古い雰囲気が漂うものは大好きです。
蟲を“友人”でも“敵”でもなく、「奇妙な隣人」として描いている微妙なクールさがなんだかいい。
それにしても全話悲しみ切なさが伴いますなあ。


素直に面白いは面白いんだけど、よくこういう話思いつくよなとか関心の方が先にきてしまう。
知識なきゃ描けないだろうし。
最近創作人の勉強っぷりに舌を巻く機会が妙に多くて、本作もそんな一つでした。
作品の感想じゃないけど、やっぱり日々勉強ですね~。

特に好きな話は4巻の『虚繭取』。
そしてすごく好きー!てわけじゃないけど気になるのは7巻『花惑い』。
桜とか白痴美とか、なんだか惹かれてしまうんです。
CATEGORY : 漫画
THEME : 感想 / GENRE : アニメ・コミック
DATE : 2007/03/29 (Thu)
COMMENT (0)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

漆原友紀の人気コミックを『AKIRA』の大友克洋監督が映像化。迫力のビジュアルと研ぎ澄まされたサウンドで、これまでの大友作品とは一味違った、懐かしい日本の世界に引き込まれる。 タイトルの“蟲師”とは、“蟲”を鎮める役割を担った人のこと。“蟲”とは、人間と
2007/04/08(日) 19:55:59 | オダギリジョー プロフィール@オダギリジョー出演CM ドラマ 映画紹介 [Del
時効警察ってご存知ですか?
2007/04/15(日) 01:19:11 | ヤフー グーグル 2ちゃんねる 検索で エンタメスクープ  @  ヤフー グーグル 2ちゃんねる 検索 [Del


Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。