スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ジョゼと虎と魚たち

2006.09.19 *Tue
ジョゼと虎と魚たち
田辺聖子 著
日本
角川書店

映画:『ジョゼと虎と魚たち』

足が悪く、車椅子での生活を送るジョゼ。人付き合いも得意ではなく、祖母と二人ひっそりと暮らしていた。祖母の死後一人となったジョゼは、久しぶりに訪ねてきた恒夫と暮らし始める。「市松人形のような」ジョゼと「管理人」の恒夫。二人の暮らしはどこか危うく、そして幸せで、それはまるで「死んだモン」のよう―――
表題作を含む短編集。全8編。


あらすじが微妙にネタバレ気味ですみません。
映画は未見なのですが、小説自体はとても短いので
いろいろオリジナルエピソードとかあるんでしょうかしらね。
ほぼ表紙買い(というかキャンペーンのブックカバーが欲しかった)なので
短編集ということを知らず、やや肩透かし。←自己責任

んーと、女流作家ですね、と。いいとか悪いとかではなく。
この方の本読むの初めてなのですが、いかにも女流作家。のお話。
高校時代の私ならもっとどっぷり嵌ってただろうなーと思うとちょっと惜しい気もします。
いや普通に面白いんですよ。ただ私の趣味の方向が変わってきただけ。

8編のうち表題作の『ジョゼ~』、『恋の棺』、『雪の降るまで』が好きですね。
下品じゃないエロティシズムは好きです。ってみんなそうだよね!(決め付け)
こうチラリズムに近いものが好きなんです。くすぐられるんです。

逆に乙女心を中心に描いたものは“今の私の”趣味ではないかな…
自分のぐちゃぐちゃでいっぱいいっぱい、お前のなんか知るもんか!的な気持ちになる。
そこで共感→一緒にきゅんきゅん!にならないあたり人間出来てないんでしょうかね…
CATEGORY : 日本文学
THEME : 読書 / GENRE : 小説・文学
DATE : 2006/09/19 (Tue)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。