スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

王妃マルゴ

2007.02.02 *Fri
La Reine Margot
パトリス・シェロー 監督
1994年 フランス 144min

16世紀末、フランスではシャルル9世(ジャン・ユーグ・アングラード)の生母カトリーヌ・ド・メディシス(ヴィルナ・リージ)が実権を握っていた。日々激しさを増すカトリックとプロテスタントの対立を解消すべくカトリーヌは娘マルゴ(イザベル・アジャーニ)をナヴァール公アンリ(ダニエル・オートゥイユ)と結婚させる。しかし結婚は惨劇・バルテルミーの虐殺の引き金となるのであった。そのさなか、マルゴは青年貴族ラ・モール(ヴァンサン・ペレーズ)と恋に落ちる。


むっずかしーなー。
カトリックとプロテスタントのことをまるでわかってないからなあ…
『エリザベス』もここらへんは勢いで読んだ感じだったし(だからかものっそ読みのスピードが遅かった)。
しかも登場人物多いし。頑張ってみたけどいまいち「???」。


なーんかすごい人たちばっかりだったな。
い、インセスト(゚Д゚;)!!? とか。予期してなかったのでびっくり。
まあ昔の王室って近親婚ばかりぽそうですけど。なんとなく。

マルゴという悪女(色仕掛けで国交とか思い通りにするような感じの)が色と権力の極みに昇りつめてケケケみたいな話だと思ってたので(…)ますますお話についていくのが大変でした。
むしろかわいそうな女性ですよね。
昨日観たマリーが幸せに見える勢いです。
それにしてもタイプの違う2作だよなあ…どっちも主役はおフランスのやんごとない女君なのに


イザベル・アジャーニ綺麗ですね~。
冒頭の結婚式の時「あれ…ジャケ詐欺じゃないか?」と思ってたけど髪形やらメイクやらであんな違って見えるんですね。
横顔が特に美しかったです。きりり。

ところで“王妃”マルゴということですけどこの映画の時期の彼女って王妃なんですか?
フランス王はマルゴの兄シャルル9世であり夫アンリが王になるのは何年も後ですよね?ナヴァール王妃てこと?てかナヴァールてどこ?
ちょろっと調べてみたけどよくわからずもう飽きてきました(駄目)



難しいは難しかったけれどなんだかんだ言って最終的にはひきこまれてましたかね。
画面ずーっと暗いのがちとつらかったけれど。
デュマなので、小説もいつか読んでみたいところですがいつになるやら。

そうそう、字幕が映画でよく観るあの書体だった!
DVDってなぜか丸ゴシックしか出来ないと思い込んでたのでびっくり、うれしい。
あの書体好きなんですよね。
ていうか出来るんだったら他のもそうすればいいのに。映画の雰囲気によって違うのが楽しいのにな。


以下微妙にネタバレかもしれないので隠し。


マルゴが瀕死のシャルル9世と話すところはなんだか好きです。
暗に兄貴の愛人?の存在知ってたぜなこと言ったり?とか。(「?」多)
純白のドレスが血染めになるって凄惨だけど美しくて印象的…
兄さん落ち武者のようだったけどな頭。

アンリの友情とラ・モールの愛を得られた点、ここだけはきっと幸せだよね。
何気アンリもいい男だよね?
「妻は私を裏切ったことがない」というアンリに対してラ・モール「本当か?(ニヤリ)」
こ、こえーーー!
「元々愛されたことはない」から、裏切りではない。
こえーこえーよーーー。

まあ一番怖かったのはやっぱりママンでしたけどね。
なんだか侍女の人かっこよかったです。


いろんな意味で生臭い映画でした。
あんな毎日がデッドオアアライブな日々なんて耐えられないわ。
それにしても最近痛そうな映画ばかり観てる気が。貧血になりそう。
COMMENT (6)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

COMMENT

こんばんはー。
私も悪女アジャーニのケケケ映画だと思ってたんですが、違うんですよね。この映画難しかったですー。
なのであまり覚えてないんですが(笑)、たぶんそのかっこいい侍女ってアーシア・アルジェントの役じゃないですかね?
「マリー」でも目立つなかなかおいしい役をやってましたが、この映画でも印象的でした。
女王系の映画は「エリザベス」の他に「女王ファナ」というのも好きです~。
2007/02/07(水) 23:16:20 | URL | リカ #- [Edit
>リカさん
こんにちは。いやはやほんと難しい映画でした…
リカさんの記事も覗かせていただきましたv上で書いていた侍女さんはマルゴと一緒に最後まで動いていた人なのでアーシア・アルジェントではないと思うのですが、彼女もすごく素敵でしたね。口紅で命を落とすというのがなんとも色っぽくて印象深かったです。
女王系の映画はもしかしたらこれが初めてだったかも。いろいろ観てみたいですわ~
2007/02/09(金) 22:59:56 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit
きのうスフレが、
きのうスフレが、対立するつもりだった。
てかカトリックとバレへ虐殺しないです。
てかカトリックで監督するつもりだった。
2007/02/17(土) 10:18:41 | URL | BlogPetのスフレ #- [Edit
きのう、予期した
きのう、予期した。
しかしカトリックが女性みたいな詐欺したいなぁ。
てかカトリックがバレへカトリックがバレまで話したいです。
しかしカトリックで結婚したかったみたい。
しかしきょう、カトリックとバレまでびっくりされた。
しかしカトリックで、びっくりしたかったの♪
てかバレで公っぽいびっくりしたかもー。
てかきょうスフレがカトリックが映画とかびっくりした?
2007/03/10(土) 10:08:14 | URL | BlogPetのスフレ #- [Edit
イザベルのうつくしさをゾンブンにだしきったマルゴ 私はあのうつくしさに魅了されてしまったじゅりです ドレスの色はやはり青が好きです ラモールとのやりとりは激烈ですが「ただでいいわよ」の名せりふとともに情交ののちドレスひるがえし去る後ろ姿がわすれられません マルゴのストレートヘアは永遠です きれいなマルゴちゃんでした
2008/06/30(月) 21:09:11 | URL | じゅりえっとろーず #I9hX1OkI [Edit
>じゅりえっとろーずさん
はじめまして、コメントどうもありがとうございます。

すでに記憶が遠くてそんな名台詞もおぼろになってしまっていますが(…)とにかくマルゴは綺麗でしたよね!毅然とした美しさ。再見の価値は大ありだと思いますがもうちょっとお勉強してからだなあ。
2008/07/05(土) 22:16:50 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

王妃マルゴ 無修正版歴史もの好きなので、「王妃マルゴ」を観てみる。舞台は1572年のフランス。長年に渡ってカトリックとプロテスタントとの熾烈な争いが繰り広げられていた。シャルル9世(ジャン・ユーグ・アングラード)の妹マルゴ(イザベル・アジャーニ)は、プロテス..
2007/02/07(水) 23:19:01 | 気まぐれ映画日記 [Del
近親婚近親婚(きんしんこん)は、近い血縁関係にある者同士が婚姻関係を結ぶこと。またはそのような婚姻である。婚姻を伴わない近親相姦との相違に注意。近親婚の歴史近親婚の禁止中国・朝鮮においては古来より同姓不婚の原則があり、父系の近親者間での婚姻はなされなかっ
2007/10/04(木) 11:46:30 | 結婚と家庭&生活 [Del


Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。