スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

Dearフランキー

2007.01.19 *Fri
Dear Frankie
ショーナ・オーバック 監督
2004年 イギリス 105min

リジー(エミリー・モーティマー)は母ネル(メアリー・リガンズ)と共に9歳になる息子フランキー(ジャック・マケルホーン)を連れ夫(カル・マカニンク)の暴力から逃げ続け、今また新しい街へ越してきた。「パパは船乗りで、アクラ号という船で世界中を回っているのよ」本当のことが言えず、嘘を重ねるリジー。そして新しい土地にも慣れた頃、アクラ号が寄港するというニュースが舞い込んだ。


初見の時はストレンジャー役ジェラルド・バトラー祭だったんですよね~(遠い目)
今回は冷静な視点で観れたかな。


とにかく役者揃いですね。
ジャック・マケルホーンがほんっとうに演技うまい!!
すっごい難しそうな役なのに。
リジーがネル、マリー(シャロン・スモール)と歌っているのを「感じて」いるシーンが特に好きです。

これ見よがしに補聴器を付けるシーンが印象深い。
滑稽でおかしみのあるシーンなんだけれどなんか私は笑える立場にあるのかな…とか考えてしまう。
あのおばさんと同じ行動をとってしまいそうで。ちょっと怖い。

「ママには僕がついてるからね」頼もしくて、そして可愛い。きゅん。
本当に賢い子だなあんた。

ジャックだけじゃなくて子役みんな可愛いんですよ。
お目々くりくりで小生意気で。
カトリーナ(ジェイド・ジョンソン)の「女は秘密が大好きなのよ」もいいけどやっぱりリッキー(ショーン・ブラウン)ですな!
ドアの前で踊ってるのがたまらん。

ジェラルド・バトラー登場って本編開始40分後なんですねー。
低い声と大きな手にぎゅんぎゅんするぜ…
寡黙だけど全身からあたたかなオーラが立ち上っていていいすな。

ストレンジャーによりフランキーは救われたのだけれど、その何倍もリジー自身が救われていたんだなあと今回観てみて思いました。
いつ夫が自分たちの居所を突き止めるかという恐怖、フランキーの将来への不安、気の休まるときはなかったんじゃないか。
自分が息子と母を支えなければいけないと始終思っている人の前にああやって寄りかかれる人が現れたらねえ。ねえ。
エミリー・モーティマーかわええ。そして役者。
ダンスシーン好きだ(´▽`*)


背景というか画面が素敵~と思って観てました。
昔のジブリのような。現代物だけどクラシックな感じ。
グラスゴー派の絵画の色調を参考にしてるとか。綺麗なんだ。

結構ヘビーな舞台設定なんだけど、画面全面、映画全編から優しさ、おとぎ話性を感じる。
うまく言えないんだけど「なんかいい気分」で観られる作品ですね。
CATEGORY : イギリス映画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2007/01/19 (Fri)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。