スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

葬儀姫 Ⅰ

2011.09.10 *Sat
葬儀姫
もとなおこ 著
日本
ソフトバンククリエイティブ

アルビオン―ロンディニウム・ローズに護られた白亜の国で葬儀屋を営む2人の姉弟がいた。彼らは通常の葬儀のみならず、姉のアッシュが持つ不思議な力により死者を一時的に蘇らす延命術も行っている。弟のアッシュはそんな姉に対し強い思いを胸に秘めていた。女王と教会の名において、死者と生者を優しく繋いでいく彼らに、ある日教会大工への延命術命令が下される。


1話と4話はweb上でも読んでたんですけどやっぱり漫画は紙で読むのがいいなあ。
慣れの問題もあるんだろうけど。

これでもとなおこフェアも一区切りでしょうか。はまると一気にあさってしまうのなんとかしたいです。
ほんっとう~に作者さんはイギリスがお好きなんですね。今まで読んだのみんなイギリスものだよ。
これはイギリス“風”ではあるけど、アルビオンもロンディニウムもそれぞれイギリス・ロンドンの古名?みたいだしもうイギリスでいいでしょ。
好きなものを形に、しかも仕事に出来るってすごいうらやましいし尊敬です。

それにしても経年変化もあるんでしょうけどタッチが作品ごとにかなり違くてすごいな。
この方絵が上手いんだか下手なんだか…
葬儀姫のタッチは正直あまり好きではないんですがこういう設定にはいいのかな。
ここまでのガッチガチなファンタジーってあまり読んだことがないので新鮮。
世界観がブレてなくて面白いです。


以下ネタバレです


公爵とツインズ(モノクル×おかっぱ?も好きだよね)のギャグ部分が和んでいいです。
あの姉弟空気感が特殊なんだもの~。2人は幸せそうだけど。
ダスト弟っていうか下僕じゃん…それなりの理由はあったもののとっても倒錯感。
今の彼にとってアッシュはなんなのかなあ。
アッシュはアッシュでこれが普通の姉弟間の愛情であり関係、って天然で思ってそうだし(笑)
ちらっと出てきた限りでは両親は全然普通そうな方々で逆にビックリしました。

大きな話の動きは2巻以降かな。とても気になるところで1巻が終わっている。
黒王子は十中八九、雪原でいなくなった子なんでしょうけどルベル・ローズとやらのお偉いさんなんだろか。
そうすると4話のエリザベスとなんか関係あるんかな。伯爵たち再登場あるかしら。
そしてなんで猫ちゃんの名前もブラック・プリンスなんだろう。
今の謎はこんな感じ…?あとロンディニウム・ローズってなんだよ、かあ。
結構多いですね謎。全部すっきりしてくれるかな。
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

葬儀姫もとなおこ 著日本ソフトバンククリエイティブアルビオン―ロンディニウム・ローズに護られた白亜の
2012/11/05(月) 07:02:42 | まっとめBLOG速報 [Del


Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。