スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

皇帝の愛したガラス

2011.09.07 *Wed
国立エルミタージュ美術館所蔵 皇帝の愛したガラス
東京都庭園美術館
ドレスコード:「こんなところにポートレート」

展覧会行くの久しぶり~やっぱり異世界感があっていいですね。
期待通りのときめき時間でした。

まず目を引いたのが「ヴェトロ・ア・レトルティ」レースのような優美で繊細な白にうっとり。
そう言いながら一面レース模様のお皿見て「ふぐさし…」と思ったのは内緒です。
多様な用途の品々があり素材も様々、透明感も違ってくるのは当然なんですが、磁器や陶器を模して作られたガラスは初めて観ました。
なんだろ透明バンザイというか、オパルセントやすりガラスを除いては透明感のないものって技術の発展途上みたいなイメージが自分のなかにあったんだと思います。
なのであえて乳白色、まったく透き通ってません!というのはちょっと驚きでした。
絵柄などもそうですけど、かなり中華風味のものありました。遠い異国への憧れかなあ。

2階に昇るとすぐ今展覧会のハイライトか、シャンデリア&盆のセット。
いやーまばゆかったまばゆかった。
今回はこういうわかりやすい美しさ?正統派な作品が多く楽しめました。
いやたまにあるじゃないですか、奇抜な形していたりモチーフの動物とかの顔がえらくブサカワだったりとか。
こんかいもそんなwな蛇とかはいましたけど、かなりなりをひそめていた気はする。
食器や花器、心ときめく装飾品(サーモンピンクの化粧品セットなんて乙女全開ですよね!)のほか、こんまかいモザイク画やビーズ刺繍もあってとにかく口開けて観てしまう物ぞろいでした。


あと今回は小食堂?普段入り口から中をうかがう程度にしか観られない部屋が開放されていて、そこでおさらいVTRを観ることができました。
作品の映像と展示場所にも書いてある説明、と上野やら大きい美術館のものと比べると情報量は少なかったんですけど角度的に観られなかった部分とかも確認できて嬉しかったです。
うう~背面に鏡を!と悶えた作品も少なくなかったので…
小食堂は去年のグランドツアーのときにちらっと入ったのかな?すでにうろ覚えですが和洋ミックスというか、壁は和風なのに床が洋、て感じで不思議な空間でした。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。