スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ちくたくぼんぼん 第十三話

2011.06.28 *Tue
コーラス 2011年8月号
日本
集英社

第十二話感想
第十四話感想

5クール目開始。
コイワちゃんと三五、すっかりラブラブですなあ。
二人とも自分の気持ちはだんだん自覚できてきて、相手の気持ちも希望を込めつつ信じてる感じ。
このままでもいいけど、長期連載になるとガツンとした瞬間も欲しくなっちゃったりして、にやにや待ってる状態です。
もっと焦らしていいよ!


そしてちょっと話の中心がシフトしてるようだねっと以下ネタバレ


プレゼント、コイワちゃんもらしくて可愛いけど今回は大人の女に軍配ですなあ。
たわ子さんかっこよいvな回でした。
ここで本妻さんの苦悩とかそういうの考えるのは野暮よねと意識的にでもたわ子・コイワ側に感情を傾けるがよろし。
第六話で少し思うところのあったようなたわ子さん、結局流す感じ?と思ってたのですがここで掘り返してきましたね。
どうなるんだろう。次号波乱ってあったしわくわく。
そして都一エピに流れるのかなあ。
操ちゃんも初見とだいぶ印象が変わりましたが(なんだかユカイな子になってるよね…)幸せになってほしいものです。

ところでその操ちゃんとの会話の場面で、「お父様の作った戯曲…」の言葉の意味が一瞬わからなかったんですが、お父様って都一のお父様ってことで=桝井さんでいいんですよね?
操ちゃんは都一が妾腹っていうのは知ってるのは覚えてましたが、誰がお父さんもわかってるぽいですね~どこまでの秘密なんだろ。
夕泡先生たちも知ってるだろうしなあ。公然の秘密ってやつ?コイワだけが秘密守らなきゃ!と思い込んでるという。
てか桝井さん劇場の仕事って経営じゃないのか…そりゃ本当に変わり者。

それにしても三五はほんといけない子!
毎日コイワちゃんがお見舞い来てくれていちゃいちゃしやがって無理難題を課すなんてとんだ王子様ですわ。


上野でお団子でお花見、愛宕山とか地味にレトロ東京散策欲を刺激されてきましたが、今回の銀座でお買い物も読んでてうきうきしました。
ツバキ堂って資生堂かしら~
CATEGORY : 漫画
DATE : 2011/06/28 (Tue)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。