スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

自負と偏見

2011.04.13 *Wed
Pride and Prejudice
ジェーン・オースティン 著
イギリス
中野好夫 訳
新潮社

イギリスの田舎町に住まうベネット家の近所へ青年紳士ビングリーが越してきた。金持ちで独身、人柄も良いビングリーへ五人娘の誰かを嫁入りさせたいとベネット夫人は躍起になる。聡明な次女のエリザベスはそんな母親を恥ずかしいと思うが、そのうち彼と美しい姉・ジェーンが惹かれ合っているのを感じ嬉しく思う。ある日ビングリーはロンドンから姉妹と友人ダーシーを連れてきた。ビングリーを凌ぐ財力と美貌を持ちながらも高慢な態度のダーシーはエリザベスに関しても軽んじるような態度をとり、エリザベスはダーシーに小さな反感を抱く。


きゃ~なんで今まで読まなかったんでしょ!
キャラクター造形、ストーリー展開これぞ王道。大好きです。
気付きたくないのに相手の魅力ばかり発見してしまうとかね。ニヤニヤするね。
とてもわかりやすいので読みやすく助かりました。


ほんとエリザベスのキャラクターが魅力的です。
キャサリン夫人に思いっきり反撃するところなんて痛快。
夫人、こんな仕打ちに遭ったのは人生で初めてでしょう。度胸あるなエリザベス。
ダーシーの不器用な愛だとか誠実さにも乙女心満足させられるし、ジェーン、叔父さん夫婦たちの描写は読んでて心地よい。

その反面チームおろかものの描写は容赦ないよな…
ママベネットとかリディアとかウィカムとかコリンズt(以下略)ほんと殴りたくなるw
潔いぐらいフォロー、ゼロ。


キーラ・ナイトレイの映画を昔観たので美しい脳内ビジュアルで楽しめました。
でもコリン・ファースのドラマが異常に支持高いですよね。観てみたい~。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。