スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ちくたくぼんぼん 第十話

2011.02.28 *Mon
コーラス 2011年4月号
日本
集英社

第九話感想
第十一話感想

みんなに迷惑かけるべ でも私…


半年振りの連載再開~。
カラー扉に加えてコーラスの表紙です!ということで画像はるのもうきうき。
かわいいよ~。描き込みがうれしい。

今月は付録『乙女こーらす』も良かったです。
勝田さんの一枚絵もうふふとなったし、読みきりたちもなかなか。ガチなエス…というか百合がなかったので安心して読めました。
別冊付録だと全体でコンセプト貫けるからいいですね。


さて本編の感想はネタバレしながらいこうと思います。


ロンドンとか思い切って行ってみちゃったのかしらと予想していたら鎌倉にいた三五さん。
ほんと近くにいたんだね…当時の感覚でも近いのかよくわかりませんけど、しょっちゅう商売で出歩く三五と地球のほぼ裏にいた都一にとっては近いだろうということにしておきます。
ところで横浜と鎌倉って隣だったんですねと初めて認識。そうよね、近いもんね…お恥ずかしい。
なんだかどうでもいいことで長くなってすみません。

いつの間にか善行<三五になっていたり、すっかり恋するモードのコイワちゃんにきゅんきゅん。
そりゃ純朴娘にふりまわし→告白→失踪の連続コンボはきっついよなあ。
三五はどこまで計算しているのか…恐ろしくて考えたくないな。
第六話のかわゆい三五は幻だったのだろうか。

そして三五が唯一の身内という謎の女性。
正体は?彼女が持つ秘宝とは?お母さんは亡くなってたはずだし、まったく想像がつきません。
この謎とコイワちゃんの襲来が今クールの軸になるとは思うけど、わざわざじい様が上京・箱川家滞在ということで都一メインの話に寄り道もありかな~。
ところで都一のモノローグがいちいち「どんだけ三五くん好きなのよ」だよ。聞き込みって!


今回のお気に入りはやっぱり「私 この時計を動かしたいんだ」の一連かな。
みんなの迷惑より自分の気持ちがどうしようもないって今までのコイワちゃんではなかったことだろうし、それがはっきりと言葉になったということで印象深いです。

あと番外編としてはたわ子さんとタコ先生が花札するコマ中心の夏の夜の感じがなぜだか好き。空気感というか。
で、三五のウインクね。似合うなあ。

そうそう、三五が時計の鍵を身に付けてるぽいことに悶えた。
いやあげる前も身に付けてましたけどね。
対のものを男女で持つなんてカップル以外の何ものでもないよね!王道にときめきます。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。