スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ローマ人の物語Ⅰ ―ローマは一日にして成らず

2011.02.07 *Mon
ローマ人の物語Ⅰ ―ローマは一日にして成らず
塩野七生 著
日本
新潮社

紀元前753年、ロムルスにより建国されたローマ。世襲ではない王政が7代続いたのち共和制へと移行する。優れたポリスから成るギリシアなど周辺国からの刺激を受けながら、ローマは独自の政治を発展させてゆく。


ついに手を出してしまいました。
文章自体は平易で思ったより読みやすくてヨカッタ。
ただ絶対最終巻どころかパート2読む頃には記憶消えてるだろうなすでに消えかけてるからなと前途多難です。
相関図、書くべきだろと思いながらもやらない私。


アイネイアス→ロムルスまでは怪しいものだけど(どこの国もそんなもんだろうけど)その方が楽しいのでよし。
予備知識としてトロイア戦争ダイジェストを見たりしたので知ってる名前出て楽しかったです。
多神教の神様って、ろくでもないね(愛をこめて)!親しみを感じるのは、日本もそうだからかな。

話を本編に戻して、まず王政、世襲じゃないのが画期的ですね。新鮮に思った。
「どのような政体を選ぶかは、どのような生き方を選ぶかにつながるのである」(上・p168)には、ふむふむ。
アテネ、スパルタそしてローマ…わりと近いのに三者三様かなり政治のスタイルが違っていて面白いです。
共和制に際しても、ギリシャ視察に行って、そこでうまくまわっているやり方を真似しないというのもすごい。
とりあえず猿真似してみちゃうよね。この箇所に限らないけどローマ人の考え方ややり方ってすごくユニークだ。

さてつい最近まで分裂してたイメージがあるイタリアですが、すでにローマ連合という形で一見ひとつになっているのね。
これからさらなる繁栄、そして滅亡があるわけで…ドラマチックなはずなのでがんばってついて行きたいと思います。
CATEGORY : 日本文学
THEME : 歴史小説 / GENRE : 小説・文学
DATE : 2011/02/07 (Mon)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。