スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

大奥 6巻

2010.12.28 *Tue
大奥
よしながふみ 著
日本
白泉社

5巻感想

久しぶりに「うまいなあ」より「面白い」が先にきたー。
今さらですけどお世継ぎのことだけ考えたら、逆ハーってめっちゃくちゃ非効率的なんですね。


以下ネタバレか微妙なところなので一応隠そう。


綱吉と右衛門佐の老いてからの成就はえもいわれぬ味わいがあったなあ。
お伝と寄り添うのもよかった。
彼女の最期にはびっくりした…みんな綱吉を好きなのに当の本人は孤独で仕方ないというんだからこんなに悲しいことはないよね。
結局彼女の一生って幸せだったのかどうなのか。


そして新しい御世へ。
そ、そうかいきなり吉宗じゃないんだよな。
ああ家宣様優しくて聡明な方なのになぜ…惜しまれます。
愚君とされ自らも早く死にたいと願っていた綱吉は長生きしてるんだからなんたる皮肉か。

間部かっこいいなー。家宣命のさまがむしろすがすがしい。
吉宗編、最初の最初で解雇されてた人だよね?こんなドラマがあったのねえ。
無知&ぼへっと読んでるので江島生島事件についても言われるまで(つまり最後のページまで)忘れてました。
しかも映画版『大奥』の記憶しかないもんだからあーミッチーがこの人で井川遥がこのポジションかーという意味あるのかよくわからない確認しかできませんでした。
ということは仲間由紀恵はあの人の位置になるわけで…えらいギャップ。


ああ読みごたえあったけどたまにしか読まないものだから頭がしんどくなってきました。
完結したらあらためて一気読みしたいなあ。すごそう。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。