スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

巌窟王

2010.11.23 *Tue
巌窟王
前田真宏 著
有原由良 脚本
アレクサンドル・ドュマ 原作
日本
講談社

アニメ:『巌窟王』
小説(原作):『モンテ・クリスト伯』

青年貴族で親友同士であるアルベールとフランツはルナのカーニバルにて謎の紳士モンテ・クリスト伯爵と知り合う。彼の禍々しくも神々しい魅力に強く惹かれたアルベールは、カーニバル中遭遇した危機から救ってもらった恩もあり伯爵をパリの社交界へ紹介することを約束する。退屈な日常からの変化に胸を高鳴らせるアルベールだが、この出会いは偶然などではなかった。

いまだに自分内で伯爵フェアなため、怖いもの見たさでどくしょ。
上のあらすじのとおり、冒頭はアニメ巌窟王と同じですが、どんどこアニメからも原作からもランナウェイしていきます。
…画も演出も好きなんだけどなあ。
全3巻て時点で期待もそんなにしてなかったのでそれほどダメージもないんですが、なにがいったいどうしてこうなった
怒ったり嘆いたりする気力も湧かない。
これ“原作:『モンテ・クリスト伯』”って書いてていいのかな(笑)


以下ネタバレ?もちょっとまじりながら、でもテンションは上と同じ感じで続くという不毛地帯


それでも2巻中盤まではわくわく読んでたんだけどねぇ…
あ、女性陣の描写が結構悲しかった(特にメルセデス)けど。アニメのが美人でいいな。


妙にテンションが高い伯爵はまあいい。
こうして巌窟王はうまれたよ!!が読めたのもいい(よくわからなかったけど)
けど、ヴィルフォールへの復讐はあれでいいんでしょうか。
悲惨な目には遭ってるけど、なんか違う…

てか、ヴァランティーヌ!!!
この有様はマクシミリヤン(←漫画に登場 し ま せ ん !)でなくても泣くよ!
てかマクシミリヤンがこの漫画読んだら憤死するよ。
原作厨にはトラウマレベルです。
原作の伯爵も、マクシミリヤンとの仲を知る前はかなりヴァランティーヌに冷たいけどそれはそれ。
あ、エドゥワールは原作よりアニメより可愛かったです。


公開処刑シーンは原作寄りだけど画の力で小説より迫力があったり、新妻エロイーズの悲しい環境の描写とか、好きなところもちょいちょいあるにはありました。
うーーーーーん、せめてちゃんと完結してたらまた感想も違ってたんだろうけど、打ち切り感むんむんの終わり方だったからなあ。
エ、エデは?????大ヤマ・フェルナンへの復讐は?と書いていったらキリがない。
まさに怖いものでした。ある意味問題作です。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。