スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

てくてくロンドン2

2010.10.06 *Wed
さてさて、やっとのことロンドンにつきました。


で、長くなるので折ります
写真より文字が多い。


ヒースロー空港からホテルがあるラッセル・スクエア駅まではなんとピカデリーラインで一本こっきり。
便利~と電車を待つも、なかなか来ない…
電光掲示板が点滅したから来るか!と身構えれば点滅してるのは"NO SMOKIMG"の文字(笑)
これとか"PICADILLY LINE"とかわざわざ掲示板で主張することか?と心でつっこんでしまう。

結局10分間隔で運行してるはずの電車が来たのは20分後でした。
なんかアナウンスあったのかもしれないけどもはや永遠の謎です。
とにかく電車が駅に来てからは順調に進み、ラッセル・スクエアまで1時間弱、席にも座れてのんびり過ごせました。
結構地上を走ってる部分も多くて、外国の景色にテンションが上がる。


駅に到着、ジェントルマンの優しさに触れ感激に浸ってるうちにホテル到着。
利用したのはロイヤル・ナショナルです。

とにかくこのホテル、出発前に調べた口コミのひどいこと。
結構覚悟して行ったつもりですが、なんつーか全然そこまでこきおろさなくてもいいんじゃないかなと思いました。
ので、私もちょっとこのホテルについて書く。

とにかく立地はばっちり。
前述のとおり空港から一本だし、駅からは徒歩5分かかりません。
周りにはスーパー、パブ、チェーンのコーヒーショップ、両替屋、公園そして大英博物館!
結構遅くまで人がいっぱいいるので、夜もそんなに危なくない。
その分週末はパトカーだかアンビュランスだかのサイレンがけたたましいですが…

んででかい!今調べたら全1630室ですって。
エレベーターから近かったのでそんなに不便は感じなかったです。



お部屋はこんな感じ。ふ・つう。
極度の潔癖症でなければ問題なしだと思います。

アメニティは潔く石鹸のみ。石鹸だけなぜかツインなのに4個おいてありました。
あとタオルがバスタオル人数分+1。このプラス1はおそらくハンドタオルとして共用で使えということかと解釈しましたが、よくわかりません。
ちなみにフェイスタオルはなし。バスマットはあるよ。
タオルは毎日交換してくれてました。
全室ではないようですが、バスタブがちゃんとありました。
水の流れもいいし、お湯が水になることもなかった。
ただシャワーノズルが上で固定なので、そこは若干不便だったかな。
ドライヤーは貸し出し制で、数は部屋数に対して結構少なそうです。

部屋にあるのはラジエーター、TV、電気ポットとマグカップ&ティーパック。
セーフティーボックスがないのがちょっとね。冷蔵庫がないのも夏はつらいかもしれません。
電気ポットは口コミどおりあまり清潔感はなかった(苦笑)ですが、それとは関係なく熱いお茶を飲みたい欲求がわかなかったので使いませんでした。
TVはちゃんと無料で映ります。

壁が薄い薄いというレビューが多かったですが、確かに廊下の話し声や他の部屋の扉をノックする音などは響いた。
でも隣室の話し声とかは全く聞こえませんでした。いなかっただけかもしれないけど。
浴室のバシャバシャする音も自室のしか聞こえなかった。
週末の外の音は結構聞こえてきました。
…が毎日力いっぱい遊んだ後で快眠続きだったので音について正しい判断が出来てる気もしません。

コンチネンタル・ブレックファストが料金込みです。
パン、シリアル、フルーツ、ミルク、ジュース、コーヒー、紅茶の取り放題。
ソーセージや卵、豆など込みのイングリッシュブレックファストにするには別料金がかかるのでしませんでした。
どれも普通においしかったです。
ただ炭水化物とビタミンだけなので、日中常にタンパク質を求める旅になってしまいました…
8時を回るとすごい人だったので、いつも早めに来てました。
日本のファミレスよりちょい高いぐらいの頻度でちゃんと洗えてない食器があるので、手に取る時はちゃんと見ましょう。
ちなみにパンとかは取り放題ですが、ソーセージ以下別料金メニューはお金払っても1回しか取れないみたいなんです。
ある朝、隣に座った男性がパン、シリアル、ほっそいソーセージ2本しか取ってなかったのを見て、「これが金持ちの金の使い方か…」と妙に感心してしまいました。

この朝食のときとチェックインぐらいしか、スタッフと接する機会がない。
チェックアウトは所定のポストにカードキーを入れて終了。
とことん経費削減て感じでした。
特にトラブルなかったせいもあり、対応の悪さなどを感じた瞬間もなく、快適に過ごせました。
またここに泊まりますよって言われても普通には~いと答えます。もっとひどい宿は海外にも日本にもたんとある。


ロイヤルナショナルのフォローで異様に長くなってしまいました…以下6日夜のおはなしー



2階建てバス~♪初めて乗りました!
オープントップバスほどではないものの(公共交通機関にあのスリルいらないから)スピードも速くてなかなかの迫力。というか運転荒っ!
2階・最前列をゲットできた回もあり。



こんな写真ばかりですが(笑)



いたるところに、大量に走ってるので珍しさも薄れ、外観を撮るのを忘れました(…)
こんなんしかない。


ロンドン在住の友達と合流し、夕飯に連れて行ってもらう。
友達がプライベートレッスンを受けるときによく使うというパブに行きました。



チェーン店というけど、なかなかの雰囲気。



フィッシュアンドチップス!
なぜかフィッシュアンドチップスを若干バカにしていたのぞみですが、おいしかった!
白身魚さっくさくでしあわせ~。



左からツナonジャケットポテト(皮付きイモ)、フィッシュアンドチップス、クスクスのサラダ。
炭水化物目白押し。
クスクスのサラダ、クスクス×バルサミコというのが初体験のおいしさでした。
どれも予想より盛りがよくて、お腹いっぱいです。
ビールも半パイントしか飲まず。
この写真に写ってるの全部で、30ポンドちょっとでした。


お腹いっぱい期待いっぱいでロンドン最初の夜はふけゆく…
CATEGORY : Trip
THEME : ヨーロッパ旅行記 / GENRE : 旅行
DATE : 2010/10/06 (Wed)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。