スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

カポディモンテ美術館展

2010.09.03 *Fri
ナポリ・宮廷の美 カポディモンテ美術館展 ルネサンスからバロックまで
国立西洋美術館

これが国立西洋美術館というか上野!?というぐらいすいてて快適でした。

音声ガイドが山本モナだったのは謎ですが、タッチペン式というハイテクを初めて味わいました。
操作簡単なのはもちろん、持ち帰れるリーフがカラーで作品のサムネイルが載っているのはお得!


んまあドラマチックな作品ばかり。
宗教画や神話の絵が多くて、もちろん全く詳しくないのですがドラマを感じやすくてとっぷり浸れました。

“看板娘”だけあって《貴婦人の肖像》はものすごく綺麗で威厳があって釘付け。
《ユディトとホロフェルネス》からも違う意味で目が離せなかった。
作者のエピソード込みで、痛みに限りなく近い衝撃。
そしてローザのヴィーナスの肌は美しすぎました。

《キリストの復活》のキリストは完全に『聖☆おにいさん』のイエスに見えてしまった…足の跳ね具合とかもう。
《聖アガタ》は誇らしげにも挑発的にも見えるその表情とエピソードにただ嘆息。
でも結局、神はこの世ではアガタを助けてくれなかったってことだよねと罰当たりな発想。
それをいうなら殉教者すべて、イエスにさえも言えることなんだけど。


ナポリにこんな美術館あるなんて知らなかった!
収蔵品はファルネーゼ家のコレクションが中心となっているようですが、ファルネーゼ・コレクションとしてお皿やら杯やら時計やらも少し出品されてて目の保養。
美術館は宮殿でもあるとのことで、これは観るのに果てしなく時間がかかりそうだね~。いつの日か行ってみたい。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。