スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

敬愛なるベートーヴェン

2006.12.27 *Wed
Copying Beethoven
アニエスカ・ホランド 監督
2006年 イギリス・ハンガリー 104min

109シネマズMM横浜 シアター5
170s SRD/DTS/SRD-EX


作曲家を志すアンナ(ダイアン・クルーガー)は、『第九交響曲』の初演を間近に控えたベートーヴェン(エド・ハリス)のもとへ写譜師として出向く。女だということで最初は相手にもしないベートーヴェンだったが、次第に彼女の才能を認める。アンナもまた、粗野で傲慢でありながらも神の声を紡ぎ出すその男が孤独に苦しんでいることに気付くのだった。そしてついに、“第九”は初演の日を迎える。


第九を大音量で聞いてみたいな、と思いまして。
すごかった!!
音楽だけでここまで号泣するって、初めての経験。
合唱が始まったとき痙攣のような衝撃を感じた。
オーケストラの演奏って元々好きだけど人の声にあんな力があるなんて。
周りで観てた人たちも泣いてるみたいだったなあ…
あのシーンだけで900円ぐらいの価値あると思いましたわよ。

でも演奏シーンでジャンッと終了、と思ってたからその後結構続いたのに驚き。
私みたいな人、気をつけて!
ラストも一瞬「アラここで終わり?」みたいな感じだった。いや好きだけど。
それでもエンドロールはしっかり最初と最後、第九でしたね。
号泣したのは第九だけだったけどところどころの曲でぞくぞくきました。

いつか第九の合唱に参加してみたいもんです。


冒頭はベートーヴェンの死の床の場面から始まるんですけど、そこでアンナは「私にもフーガが聞こえます」って言うんですね。
最初はなんのこっちゃとかちょっと思うんですけど、終わってこのシーン思い返すと、きますね。いいすなあ…


以下ネタバレちゃん


アンナって実在したと思ってました。しっかりうっかり。
架空の人なのねん(´・ω・`)

それにしても芸術家同士の結びつきってなんであんなにエロティックなのでしょうね。
まあ映画なんでそういう描き方してるんでしょうけど。どきどき。

ウォッシュミーーーのシーンがよくわからなかった。。
最初は魂を浄化してくれって意味なのかと思ったんですけど(washにそんな意味があるかどうかとか考えてませんからね私は)本当に洗ってるし。
無言のまま服を脱ぐマエストロと、同じく無言で身体を洗う写譜師。
エロティックでもあり、介護のようでもあり…


甥カール(ジョン・アンダーソン)とのやり取りがまた切ないですね。
好き好んで孤高というわけでもないのね。
甥っ子の前ではベートーヴェンもただの親バカみたいな感じで、彼と、そして自分自身をも疎ましく思っているようなカールがなんとも。

橋を壊して正解、ってアンナさんがおっしゃったとき(何故敬語)、げいじゅつかてこわいなーとおもいました。


この映画、字幕監修に加えて指揮者の方が字幕アドバイザーに加わっているんですね。
何様目線で恐縮ですけど、そういう姿勢に本当に感動したり。
でも「おっ立たん」はないだろう…
CATEGORY : イギリス映画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2006/12/27 (Wed)
COMMENT (4)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

へえ、こんな映画があるのか~。
おもしろそうですね。数年前に、やはりベートーヴェンの『不滅の恋人』を取り上げた映画がありましたが、あちらも面白かった。ちょうど青木やよひさんの『不滅の恋人』を読んだばかりでしたし。第九をたっぷり聴ける映画なら、それだけでも魅力的です(^o^)/
2006/12/28(木) 22:02:33 | URL | narkejp #flFdlPW. [Edit
>narkejpさん
ぜひぜひ、機会があったら劇場で観ていただきたいです(´▽`*)第九の演奏はいわばハイライトなので人によってはもの足りない方もいると思いますが、クラシック初心者の私は最後まで飽きずに聞けて大満足でしたv
『不滅の恋人』アマゾンでちらり見てみただけですが、面白そうですね~こういう歴史の謎に思いをはせる、というのは考えただけでわくわくします。
2006/12/31(日) 01:51:56 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit
いい映画でした
見てきました。いい映画でした。新年から、後期のベートーヴェンの音楽を楽しみました。私の記事をトラックバックしました。
2007/01/04(木) 07:05:58 | URL | narkejp #flFdlPW. [Edit
>narkejpさん
楽しまれたようでこちらも嬉しいです~年末年始にふさわしい荘厳な感じですよね!
おや…どうやらうまくトラバ受信できなかったぽいですね;よければもう一度試していただけるとありがたいです~
2007/01/05(金) 00:56:58 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

山形市の「フォーラム」にて、アニエスカ・ホランド監督作品「敬愛なるベートーヴェン」を見てきました。題名は「敬愛する」と「親愛なる」をごっちゃにしたような感じですが、原題は "Copying Beethoven" で、交響曲第9番の合唱部を写譜するよう雇われた女性と、
2007/01/06(土) 05:24:25 | 電網郊外散歩道 [Del


Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。