スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

リョウ

2010.07.12 *Mon
リョウ
上田倫子 著
日本
集英社

高校生の遠山りょうは修学旅行で訪れた京都で突然僧に襲われる。鎌倉の家に無事帰り着いたものの、例の僧と再び出会ってしまったりょう。僧は自分を武蔵坊弁慶と名乗り平家討伐を唱えている。彼の出現をきっかけに、りょうは自分の本来の姿が源義経だと知らされる。


『裸足でバラを踏め』の単行本に広告が載ってて、気になって読んじゃいました。
こ っ ち に も ヤ ン デ レ が い た と は (゚д゚) しかも2人。
(合わせても望さんの方がすげえ気もしますが)


弁慶のキラキラなビジュアルにおののきながら(笑)以下ネタバレ、結構支離滅裂です。いつもそうですけどもっと。


転生ものなのかと思ったら義経まんま本人なんですねー。
史実には相当パラレルだと思うけど、鎌倉時代に明るくない(というか明るい時代などない)私には気になりませんでした。
ああでも、壇ノ浦の戦いとかは見てみたかったなあ。
源平合戦を期待すると肩透かし食らうかもですね。
あくまでも りょう という女の子の物語でした。
それでも、要所で気をつけていても足掻いても歴史の大きな流れに従ってしまっている、という運びは悲しいながらもわくわくしてしまう。
登場人物そのものの魅力よりもストーリーにひきつけられてしまったと思います。


といいつつキャラ語りに入ると、やっぱり頼朝がショックな展開に。
最初から変態くさかったならともかくいいお兄ちゃんだったのになあ。
やむやむ→ヤンデレそして近親相姦…なんと困った兄者だ!
どちらかというと政子様が嫉妬とか権力欲とかで病み設定だと思ってました。
きっぷがよくて頭もよさそうだったのに、惜しい人を亡くしたものです。尼にもならないうちに…

葵と虎子さんは生粋の現代人なのに順応力すごかったですね。
「政子の代わりになって」る様子見たかった!というかそのお話すごく面白そうだ!
葵、すっごいいい男だと思うんだけど完全に便利屋さんになってたのが切ない。愛が大きすぎたのね。


そんな彼を救済?したラストはあんぐりというか、何も言えなくなってしまいました…
やりきれない、すんごく悲しい、読むのもつらくなる結末だったけれど、晴れ晴れとキレイにまとまってましたね。すばらしい。
多分完全にはタイムパラドックス的な収拾ついてないんだろうけど、思わず納得してしまったのでいいです。
海尊の表情、小さいながらも万感の思いで見入ってしまう。
この人一番大変だったかも。過去から未来って予備知識すらないからな!完全に一人だし。
興醒めを承知で言うと、悲恋だからこそ2人の黄泉での幸せを祈れる部分もあるかもね。
さんざん人を巻き込んだ挙句2人だけイチャコラしてたら嬉しい反面もやもやしちゃいそうだし(苦笑)

そう、現代の女子高生の感覚を強く残しているので仕方ないのかもしれませんが、りょうはもうちっと人を疑うことを…というか考えることを覚えてくれよ(思わず太字)と始終思わずにはいられなかった。
心の揺れの代償としてはあまりにも周りへの影響が大きすぎて。
まあそんな優しいヒロインちゃんだからこそ、ヒーローもライバルも当て馬もモブも彼女のこと大好きなんだけどネ(我ながら性格悪い感想だ)!!


頼朝vs.義経の対立の真相がこんななら他人からすりゃ「勘弁してくれよ」だろうなァと思ったけど、長い歴史の中ではリアルでもこういうことわりと少なくなかったのかも、とかこちゃこちゃ考えるのは楽しいね。
結果的に手を下す立場からは免れたものの、頼朝から「義仲を討て」と迫られたときは「ええあの気のよさそうな男を!?てか奥様は虎子さんだしうーあーやだーでもこれが史実か…」て考えが一瞬で駆け巡り辛くなったりして。
このへん歴史ものの残酷さ、面白さですなあ。
平泉のお館様とかね。「美しい花とて北の大地には咲かぬもの」うう、かっこいい。

弁慶と維盛に関してはきっといろんなところで語られてると思うのでそういうところ参照してください(ええー)
あ、一言だけ言うなら弁慶は結婚のときの格好が一番素敵でした。
静がもうちょっと出張ると思ってたけど違いましたね。


ところでハダバラと絵がかなり違いますね。別人みたい。
こっちの絵の方が好きでした。特に女の子。
ハダバラも目バチバチとかケバゴージャスさが話と合ってるしいいんですけど。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。