スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

オペラ座の怪人 ―再上映鑑賞メモ4

2010.03.31 *Wed


ユナイテッド・シネマとしまえん スクリーン3(380s SRD/SRD-EX)にて。
ひーさしーぶりー。
前回は800円だった記憶があるけど、今回は一般料金は1000円。せちがらい。
公開から5年(!)も経つのでいい加減冷静な目で観ていますが、『Overture』はやっぱりゾクゾク、涙目になります。


以下はネタバレを含む残念なのぞみのつぶやき


つくづくほんとーうに字幕が邪魔w
聞き慣れたとはいえリスニング→理解には切ないタイムラグがあるから見たいんだけど、目が?頭が?拒否するw
と同時に、この映画のもにょる要因がなにも100%字幕ではないことも痛感してしまいます。
シュマッカー監督、美しいファントムとかある種の功績も残しつつ、おいおいポイントも相当なんだぜ。


"You are not alone"はエロスそれともアガペー?という議論(?)があるけど、今回観たところ「どう観たってアガペーだよなあ…」という感想。
糸引いてたりスクリプト(持ってるんですよオタクだから)に"lover's kiss"とあったり萌えだったりでエロスもあるんじゃという思いがあったけど、本当男女~って感じじゃなかったんだよなあ。
まあ私たち観客にとっても、クリスティーヌにとってさえもグレーでいいんだけどね。
というかこういう不思議経験をした不安定な年頃のお嬢さんの気持ちなんてわかりっこないですな。
そらーぐらぐら揺れるでしょう。
そのあたりエミーの表情の乏しさを残念に思わずにはいられない。

エロス感じなかったのでラウルは50年間も思い煩う必要はなかったのではと言ってあげたくなってしまった。
よっぽどPONRが突き刺さったのか、結婚後クリスティーヌがぼんやりしてたのか。

今回はそんな部分も含めてのぞみ内でラウルが光り輝きました。デコじゃなくてね。
頼もしくヒーロー然で甘い声で。クリスティーヌよ、悩まず彼の元へゆけ。


なんだかいつもより言いたい放題ですがやっぱり大画面のオペラ座はいいなー!
フィルム相当傷んでそうでちょっと心配ですが…ぜひまたお願いします!
CATEGORY : イギリス映画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2010/03/31 (Wed)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

05 | 2017/06 | 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。