スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

失語症者、言語聴覚士になる ことばを失った人は何を求めているのか

2009.11.17 *Tue
失語症者、言語聴覚士になる ことばを失った人は何を求めているのか
平澤哲哉 著
日本
雲母書房

学生時代に交通事故に遭い生死をさまよった著者。一命は取り留めたものの脳に傷害を追い失語症となってしまう。失意を乗り越え病を受け止めながら言語聴覚士として生きる現在までを綴る。


失語症について調べる機会があったのですが恥ずかしながらこれまでそういう病気を知りませんでした。
認知症・構音障害ともまた違うんですね。
人間の脳ってすごすぎる…

本を何種類かパラ見したんですが、失語症を実際に患った人の言葉だから重みを感じます。
他の本でタブーと言われていることとか、その本の解説でももちろん納得はするんだけど、言われた当人その人の感情を目の当たりにしてとてもショックだった。
人の立場になって考えるってなんて難しいんだろ。

あと、つくづく人はバーバルな生物って思いました。
同時に非言語コミュニケーションの力も強く感じるんだけど、やっぱり言葉の力って途方もないなあと。
社会的に生きようとすればなおさら。


そしてタイトルどおりこの方は言葉のリハビリなどを担う言語聴覚士(ST)でもあるため患者としてだけではなくSTとしての意見も書いてあって、職能についてとかもぐるぐる考えてしまいました。
うーん理想の姿と現実の姿の乖離がひどすぎるわ自分。


失語症のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)失語症のすべてがわかる本 (健康ライブラリーイラスト版)
(2006/07/11)

商品詳細を見る


読み物的な面も持つ前者に比べて、こちらは実践的というか身近に失語症の方がいるとき、どう対応していくかとか即戦力になってくれると思われる本です。
イラストも多くて簡潔で読みやすかった。

あとの本は数ページで挫折したりパラ見だったりですよ…アッハン
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。