スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

インド夜想曲

2009.11.14 *Sat
Notturno Indiano
アントニオ・タブッキ 著
イタリア
須賀敦子 訳
白水社

失踪した友人シャヴィエルを探してインドへやってきたルゥ。ボンベイ、マドラス、ゴア…各地を赴き彼は様々な人間と出会う。幻想と瞑想に満ちた時間を過ごすルゥは、やがて一つの結論へ辿り着く。


驚いたことに、読んだことを忘れていました。
ここまですっぽり抜けるとは…まさに夢と現の物語(ナニ言ッテンノ)


なーんかよくわからんかったです。
カフカの『ある戦いの描写』に次ぐわからなさ。
主人公の今いる場所とか、表向きにしていることはわかる分、ある戦いの~よりマシなんですが、なんともつかめなかったです。

冒頭はなぜか吉本ばななのを読んでる感覚に似たものを感じた。
久しく読んでないですけど吉本ばなな。むしろよしもとになってから全く読んでないですけど。
『キッチン』第2部とか『アムリタ』とかそんな感じ。うろですけど。
異国の夜というゆらゆらした浮遊感は好きだし雰囲気もよかったんです。
けど、よくわかんない。


またしても残念★自分な本に出会ってしまいました。
だから忘れてたんでしょうか。とことん残念。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。