スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

黒後家蜘蛛の会 3巻

2009.10.24 *Sat
Casebook of the Black Widowers
アイザック・アシモフ 著
アメリカ
池央耿 訳
東京創元社

2巻感想
4巻感想

…いやーもう頭がついていかない。2巻よりついていけない。
もうヘンリーが答え言っても「…ハテ?」です。
あ、ああそういうことね(´-`) ←わかったふりしておすまし みたいな。
なんだか残念です自分が。

でもクラブの雰囲気とかが楽しそうで好きなのよねえ。
12章「不毛なる者へ」は特に過去のメンバーが出てきたりして面白かった。
謎自体は説明されてもわからんパターンだったけど。

じかいはもうちょっとりかいできるようにがんばります。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。