スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

私の中のあなた

2009.10.12 *Mon
My Sister's Keeper
ニック・カサヴェテス 監督
2009年 アメリカ 110min

ワーナー・マイカル・シネマズ港北ニュータウン スクリーン2
352s SRD/SRD-EX


11歳の少女アナ(アビゲイル・ブレスリン)は、白血病の姉ケイト(ソフィア・ヴァジリーヴァ)のドナーとなるべく遺伝子操作によりこの世に生まれた。誕生したその瞬間からアナはケイトのために幾度も手術・入院を強いられていた。ある日突然、アナは弁護士アレグザンダー(アレック・ボールドウィン)を雇い両親を訴え、今後一切の医療行為を拒否する。家族が家族を助けるのは当然と考える母親サラ(キャメロン・ディアス)は激怒し、事態は裁判へと発展していく。


難病モノって基本食指動かされないんだけど、ちょっと予告編が面白そうで。
いやー泣くだろうなと覚悟はしていましたがあんなに映画館でハナをかんだのは初めてでした。


以降はネタバレ


サラとの対立を通したアナの独立の話と思いきや、陰の主役はケイトだったんですね。
顔立ちとしてはアナの子の方が整っていると思うけどケイトのくちゃっとした笑顔はすごくチャーミングで余計切なくなった。
そういやテイラー(トーマス・デッカー)ものすごく綺麗な顔してたなあ。
2人のキスシーンは若いカップルの可愛さの中に衝動、そして絶望が混じってなんともいえない気持ちになったよ。
ああいうとき親心ってどんな感じなんだろう。複雑な葛藤がありそう。
嘔吐するケイトをケアするテイラーがよかったです。

険悪どころかすごく良さそうなケイトとアナの仲、なのでやっぱりアナの真意がわからなかった。
引き換えに自分が死ぬのならともかく、それでも姉を見殺しにするのか?
でも今までの生活と違うことになるっていうのは幼いことを抜きにしても別問題なのかなあ、行動が制限されるぐらい…という考えは自分じゃないから浮かんでしまうのかなあとかうろうろ思っていました。
電話のシーンまですっかりさーっぱりだったわ。
で、このシーンでもうどうしようもなくなってしまった。

サラについてはねー、客観的に見るとというか冒頭は特にアナ寄りの視線だし、いきすぎではと思わなくもない。
だけどやっぱりああなっちゃうんじゃないのかなあ。
この子は絶対に死なせない!がいつしか唯一の目標になってしまって、安らかな結末という考え方は逃げとか言い訳とかに感じてしまいそうになるのは、なんとなくわかる気もする。
それこそ正解はないし、一連の騒ぎがケイトの計画ではなく本当に自分を守りたいアナによるものとしたら、裁判の結果がどちらでもこの家族はバラバラになっていたかもしれなくて…難しい。
そして周りの人間が出来ることなんて大してないよなとかも思ってしまう…
もちろんこの考え方も逃げだし、ちょっとしたことが支えになるとも思うんだけど。


ケイトのスクラップブッキングは涙、涙。
アナに対して「姉が妹の面倒を見るものなのに、ごめんね」ていうところとかもうダメだ。
思えば序盤で訴訟に関してアナとサラが言い争ってたときケイトもその場にいたわけで、それでもなおごめんねというモノローグが出てくることに不思議さと、あーそれでも妹が好きかーという思いとあったんだけどそういうことだったのね。
というかケイトの目の前で言い争っちゃダメだよなサラ…
周りというかケイトすら見えてないのがよくわかるわ。
CATEGORY : アメリカ映画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2009/10/12 (Mon)
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

[私の中のあなた] ブログ村キーワード私の中のあなた(原題:My Sister's Keeper)キャッチコピー:もう姉のドナーにはならない。両親に訴訟を起こしたアナ、11歳。しかし、その決断にはある...
2010/01/21(木) 12:59:32 | 映画を感じて考える~大作、カルトムービー問わず映画批評 [Del


Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。