スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

真夏の夜の夢

2009.08.13 *Thu
A Midsummer Night's Dream
ウィリアム・シェイクスピア 著
イギリス
大山敏子 訳
旺文社

アテネの街では公爵シーシアスとヒッポリタの婚礼を控え、喜ばしい雰囲気に満ちていた。しかし4人の若者―父親に結婚を反対されたハーミアとその恋人ライサンダー、ハーミアの父に許され彼女を愛するディミートリアス、ディミートリアスのことを諦められないかつての恋人ヘレナ―たちは苦しみのさなかにいた。ついにライサンダーとハーミアは駆け落ちを決意、アテネの森で落ち合うことにし、それを知ったディミートリアスとヘレナも森へ向かう。一方森では、妖精の王と王妃が諍いを起こしており、職人たちはシーシアス公の結婚式へ向け、余興の練習に勤しんでいた。
あらすじ(いつも)gdgdですみません orz


midsummer=夏至≠真夏 ということですが、言葉だけは昔から馴染みがある分、「夏の夜の夢」よりこの題の方が好きです。

内容、結構カオスでした。
意味は、多分、ないよね…
数組の恋人たち→事態ぐっちゃぐちゃに→魔法に等しいパワーで大団円 という図式はウッドハウスを感じました。
さすがイギリス(←そうなのか?)

ほぼ毎ページに解説があってとても助かったけれど、流れをさえぎられてしまうので読みにくさアップ。
でも解説してもらわないと(してもらっても)よくわからんというジレンマ。
ここが笑いどころ、喜劇の効果を高めている、といった解説には ほうなるほど、と納得だけどさすがにゲラゲラ笑うことは出来ませんでした。
笑いって解説されるものじゃないしね。
つくづく当時の英国人じゃない自分が残念。

夏の夜の幻想的で不安定な感じは現代日本にも確かに存在して、それと通じるような胸がほのかにざわめき浮き立つような、幻想と現実でゆらめくような雰囲気は感じられたのでよかったかな。
今夜この瞬間、この世のどこかでは本当に起きていることかもねと耽ってみるのもいいんじゃない。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。