スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

白磁 1巻

2009.06.26 *Fri
白磁
モリエサトシ 著
日本
白泉社


2巻感想


若き天才画家として画壇の注目を集める真部明春は桜の下で出会った女子高生・生花の美しく白い肌に心を奪われる。生花は絵のモデルを快く引き受けてくれたが明春は対象に触れなければ絵に表せない。触れたいと願いつつ、その思いが彼女を汚してしまうのではないかと明春は恐れを抱く。


白磁の肌、緑の黒髪、濃紺セーラー、そして眼鏡にS画家。
局地的に熱い支持を受けてそうなものもりだくさんですね(笑)
なのですごくはまってしまうかドン引きするかのどちらかだろうなーと予想してたらどっちでもなかった。


以下は、ネタバレ。


意外とあっさりさっぱり…してたんだな。
どんだけねっとりしたもの期待してたのか自分。
というか精神はねっとりなんだろうけど描写があっさり?
え、読解力の問題?


そしてまさかの第3話ですよ。トートツ…
あそこでもうちょっと読者にも前兆提示しておいてくれれば明春が気付けなかった自分、というのも絡んで「罪深さ」というのも理解しやすかったんだろうなあ、と思いました。
この↑文が自分でも理解しにくいですが。
比較的前半はほのぼのだったのにねーびっくり。
もはや春琴抄オチしかのぞみの頭には浮かんできません。
でも画家さんだしねえ…

別にメインテーマではないから生花の両親が2人の交際に反対する必要はないけれど、あそこまで爽やかに温かく見守られるのもねえ拍子抜けというか。
自分が親だったらあんな生活力、というか生命力ない男心配だな(…)

あ、あと生花はもうちょっと小悪魔的というか、明春翻弄してもよかったかも。
ますます谷崎くさくなるけど。


同時収録の『少女カンセン律』の方が素直にスコーンと楽しめたかも。
まあ残念ながら(笑)モチーフ、雰囲気は好きなので続刊出たら読むとは思います。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。