スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

祝祭の衣装展

2009.03.29 *Sun
祝祭の衣装展 ロココ時代のフランス宮廷を中心に
目黒区美術館

初めて行きました目黒区美術館。目黒駅からだと庭園美術館の反対側なんですね。
商店街が多いせいかあちら側に比べると少し雑然とした感じ?
目黒川はまだ桜が咲いてませんでした。残念。
かと思えばここずっと日陰では…てところの樹が満開だったりする不思議。
あ、もちろん桜を見ている(体の)人はたくさんいたよ。酒臭かった(´・ω・`)


まあそんな前置きはいいとして、衣装展です。
こじんまりとしつつも面白かった。

こういった衣装はたまに有楽町とかの映画館の隅っこでやってる衣装展とかで少し見たことあったけれど、今回は圧巻。
あれだけの数のドレス、生で見る機会そうそうないですからねェ。眼福です。
一目見ただけでものすごく手の込んでることはわかるわ。
形はもちろんとっても洋なんだけど、着物にしてみても素敵そうな布地ばかりでした。

パニエでスカートの形をぐわっと広げるのは知っていたけど、左右にだけなんですね。
横から見てみると前後には全く広がりがなく、あそこまで極端な楕円形だったのか。
また、パニエがなくても広がりを十分維持できる縫製技術らしいですよ。

そして頭!昔『トリビアの泉』で船を乗っけたヘアスタイルを見ましたが、あったよ船!
しかも今回の展示では上から吊っていた(笑)
実際は上から吊るなんて出来ないわけで、どんだけ不安定だったんだか。
現代の盛りなんてもんじゃありません。

『オペラ座の怪人』の「Prima Donna」の時のカルロッタみたいな格好してるマネキンもあって楽しくなっちゃった。
付けボクロもハートやら星やらであんな感じ。
しかもそれぞれマネキンはシチュエーションにそって配置されてるんですが
(女性を2体配して“姉妹喧嘩”とか男女で“愛の告白”とか)
このプリマ・マネキンは“誰も踊ってくれないの!”心の中で大爆笑。
こんなに気合入ってるのにカワイソウ。


間近で見てもよくわからないこの仕組みの複雑さ。
パターンとかも展示されてたんですがドレープの折り方の時点ですでによくわかりません。
腸かよ、みたいな(えー)
定番らしいローブ・ア・ラ・フランセーズも優美だし、旅ルックぽいローブ・ア・ラ・ポロネーズも可愛い。
ボンネットいいなあ。

そして名画『ナポレオンの戴冠式』から復元したジョセフィーヌのドレスもありました。
ま、まぶしい!
あのマントも変わった形をしてました。
そしてマントを支える2人の夫人のドレスも皇后に負けず裾たっぷり。


やっぱり男性のより女性の格好に目が行ってしまいます。
あ、キュロットの裾が可愛かった(ピンポイント)

そしてデコルテすげーな!見えそうですよ!
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。