スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

オーストラリア

2009.03.20 *Fri
Australia
バズ・ラーマン 監督
2008年 オーストラリア、アメリカ 165min

109シネマズMM横浜 シアター10
188s SRD/DTS/SRD-EX


舞台は第二次世界大戦前夜、イングランドの貴族であるサラ・アシュレイ(ニコール・キッドマン)は夫(アントン・モンステッド)の浮気を疑い、彼を連れ戻すためオーストラリアへと旅立つ。しかし夫は何者かに殺されていた。彼女に遺されたのは荒れ果てた土地ファラウェイ・ダウンズと1500頭の牛のみ。土地を守るためサラはカウボーイのドローヴァー(ヒュー・ジャックマン)の力を借り、国軍と牛の売買契約を結ぶ決意をする。


ふらふら立ち寄ったブログにて「いい意味でまとまりがなく、叙事詩的味わいがある」と書いてあってそれに同意。
ま、まだ続くの?て箇所が何回かあったけど、具体的にここいらんだろてシーンはパッとは出てこないし。
大味な感も否めないし、冒頭の彼らの事情(カーニーさん(ブライアン・ブラウン)の牛がどうこうってとこ)もよくのみこめなくてホゲーとなってしまったし、フレッチャー(デビッド・ウェナム)の傷が早々に消えて「え?これ誰?」と混乱もしたけれども面白かった。

主役2人の美しさに助けられた部分はとっっても大きい。
鼻たっけえな~。ヒュー・ジャックマンかっこいいな~。ニコール・キッドマンも相変わらず綺麗だしな~。

ナラ(ブランドン・ウォルターズ)の瞳は印象的。
おじいちゃんキング・ジョージ(デイヴィッド・ガルピリル)もまあ違う意味で印象的ではあった。
端々で出てくるわりにわりにわりに。いや動いてるんだけど。


思ってたより戦争色濃いめというか後半はモロそういうお話でした。
この辺の歴史は例によってさっぱりですが、戦争っていろんな人を状況おかまいなしに巻き込んでいくんだなということを再認識。
日本兵だってこの映画では悪なわけだし。
それにしても人の死にっぷりがあっけなかったです。
死ぬ必然性をあまり感じず。
CATEGORY : その他の地域の映画
THEME : 洋画 / GENRE : 映画
DATE : 2009/03/20 (Fri)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。