スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

インファナル・アフェア

2009.03.16 *Mon
Infernal Affairs/無間道
アンドリュー・ラウ 監督
2002年 香港 102min

シリーズ次作:『インファナル・アフェア 無間序曲』

ウォン警視(アンソニー・ウォン)の命により長年マフィアへの潜入捜査を続けているヤン(トニー・レオン)。しかし一方、マフィアのボスであるサム(エリック・ツァン)もまた部下のラウ(アンディ・ラウ)を警察内部へ潜り込ませていた。次第にそれぞれの場所で重用されていくヤンとラウだが、ある麻薬取引をきっかけに互いの場所にスパイがいることが発覚してしまう。


トニー・レオンよりアンディ・ラウの方がかっこいいですねこの作品は。
若い分かトニーはお色気が今より少なめ。というか「ウッチャンに似てるなあ…」としか感想がないです。


大したこと書いてませんが(この記事に限らないですが)ネタバレな気がする以下の文


展開が二転三転してハラハラと見入ってしまいました。
頭弱くていまいちわかりきらない部分もあるんですが。キョン(チャップマン・トウ)が死ななきゃいけない理由とか…

どちらかというと警察側の方がやや不利な状態が続いていたのでトニーの方がより主役の色が濃いと思っていたよ。
生き残るほうというか。
ウォン警視も死ぬと思ってなかったからかなりショッキングだったなー。
シーン単独でも残酷だし。
しっかしすごいハッキリした顔立ちですよねアンソニー・ウォン。デューク東郷にしか見えなかったです。


善人になるというラストだったけど、エレベーターのシーンはいやでもノワールラウを感じさせてぞくり。
いっちばん悪い顔してるぜ…
主役2人が垣間見せる切ない顔がいいですね。

とてもうまいつくりだと思うのに、着信音で尾行断念とか書類出しっぱでスパイ発覚とかがなんだか残念だなあ。
優秀なのにそんなうっかりかい。

うまいといえばヤンの元カノさん(エルバ・シャオ)の子供ネタは秘密の勘付かせ方があららと憎いわ。
ただ女医(ケリー・チャン)とのロマンスは別にいらなかったんでないの。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。