スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

モンテ・クリスト-巌窟王-

2006.11.22 *Wed
The Count of Monte Cristo
ケヴィン・レイノルズ 監督
2002年 アメリカ・アイルランド 131min

小説(原作):『モンテ・クリスト伯』

近所のTタヤにVHSしかなくて見るたび歯噛みしてました。DVD新入荷らしくて早速。
今のところ一番手軽に観られる『モンテ・クリスト伯』ものなんでしょうか。
一番観たいロバート・ドーナット版、その次に観たいジェラール・ドパルデュー版を観れる日はいつだろう…(ノд`)

船乗りエドモン・ダンテス(ジム・カヴィーゼル)。彼には美しい婚約者メルセデス(ダグマーラ・ドミンスク)がおり、さらに船長への出世が決まった。しかし親友であるはずのフェルナン(ガイ・ピアース)たちの罠に落ち、牢獄生活を余儀なくされる。奇跡的に脱出に成功した彼は富と権力、計略でかつて自分を陥れた者達への復讐を開始する。

原作と比べるのは野暮だ。
映画には映画の面白さがあり、それさえあれば原作と同じである必要はどこにもない。
とはわかっているんだけれど。
全7巻の原作を2時間そこらでまとめるんだからてのもわかってるつもりだけれど。
復讐あっさりしすぎ!
大体131分のうち65分をイントロ-投獄-脱獄に使ってるのって。
あとアクション。
「やめて!時間を無駄にしないでー!」とこっちが止めたくなりました。

冒頭、ナポレオンとの接触を描いてくれたのはわかりやすくてよかったです。
あとメルセデスが美しくて素敵。個人的にイメージにもぴったりで嬉しかった。

でも裏切りが判明するの早すぎ。
信じていたからこそ憎しみも大きいわけで。

一本の映画としてみれば面白かったのかな。
“復讐劇”とみるのはちょっと無理があるとは思いますけれど。
復讐劇って葛藤がつきものだと思うんです。
敵全部討ってはい終わりハッピー♪というわけにはいかない。
でもこの作品はそんな感じです。
とりあえず原作のあの練りに練られた計画が少しずつ明るみになる、あのゾクゾク感を味わうことは無理でした。


以下うざいくらい原作を引き合いに出してしまいましたネタバレ


フェルナンがやんごとない身分で親友、に吹く。
メルセデスがフェルナンに対して微塵も、兄代わりとしての情も持っていないのはこれはこれでありだと思う。
アルベールのことを隠していたこともアルベールの出自自体もありでしょう。これはこれで。
でもそれだったら、フェルナンがメルセデスを妻にするのにもうちょっと無理矢理感を出してほしかったです。
泣いてすがっちゃだめだよ…

アルベールの出自は今言ったように文句言おうとは思いませんが、脚本家インタビューで「なんで原作はこうしなかったんだろうね、こうすればみんな幸せなのに」
冗談だとわかっててもおいおいそういう問題じゃないだろう、とツッコミ(笑)
アルベール本人は原作よりもアホベール度が増してていい感じかもしれません。ボンボンすぎ。
いくら悪人でも育ての親もうちょっと悼んでもいいんじゃない。

ヴィルフォールが父親を殺すというのはとても自然に感じてむしろ私はこの箇所を「なんで原作はこうしなかったんだろう」と思ったり。
まあ死なれるといろいろ話の進行に支障が出るわけですが。
原作読んでたときは父のこと愛してないでもないから?と解釈してたんですけどね。
あ、あと彼の最後すごくよかったというか好きです。
不気味に微笑み引き金を引く。しかし弾はなく、容赦なく響く「容易には死なせん」という言葉…たまらない。

ヴィルフォール夫人、未公開シーンでのマクベス夫人ぷりにはしびれました。
メルセデスの反撃(未公開シーン)も単体としてはいいですね。

人物いろいろと削っているのはいたしかたない。
でもエデが出ないのはちょっと寂しかったですね。
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

モンテ・クリスト-巌窟王-/ジム・カヴィーゼル¥3,280Amazon.co.jp【あらすじ】19世紀のはじめ。貧しい航海士のエドモン(ジム・カヴィーゼル)とモンテーゴ伯爵の子息フェルナン(ガイ・ピアース)は、身分は違うものの生涯の友を誓い合う間柄だった。
2007/04/09(月) 02:14:22 | Memory of unexpected life ~CINEMA&BOOK&GOURMET&BEAUTY~ [Del


Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。