スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

蝶々夫人

2009.01.24 *Sat
Madama Butterfly
新国立劇場

作曲:ジャコモ・プッチーニ
指揮:カルロ・モンタナーロ
演出:栗山民也

蝶々夫人:カリーネ・ババジャニアン
ピンカートン:マッシミリアーノ・ピサピア
シャープレス:アレス・イェニス


人生初☆オペラ~
で、なんと1階席の前方列!直前に席がわかってびっくり。
こんないい席初めてです。オペラグラスいらず

まず最初に衝撃を受けたのは、ピンカートン恰幅よすぎ(゚д゚)
少女漫画を長年読んでいた賜物でしょうか、無意識にハンサムさんを思い描いていたようです…
しかも1幕ラスト焦れすぎだよwとか(最低)
このオペラにおいては主役はあくまでも蝶々さん一人、ヒロインの相手役はヒーローではないのねとひしひし。
その代わり(笑)シャープレスさんがかっこよかった。スーツがときめき。


話自体はどうしようもないねこれ(…)
ひどい話だー。これがらしゃめんてもので、蝶々さんも相当おばかさんな小娘なんだろうけど。
だけどひたすら一途に待つ蝶々さん、身を裂かれる思いで子供を差し出す蝶々さん…とかなり引き込まれました。
筋が単純な分役者や演出の力量がより問われるんでしょうね~。

ババジャニアンさんという人か蝶々さんという役柄か、どちらに由来するものかわからないけど、喜びの場面より悲しみの演技がすごかったなあ。釘付け。
親戚一同に絶縁されて舞うように嘆くところから綺麗だった。
そしてまさかあの服を着て自害するとは知らなんだです…悲しすぎ。


演出?としては冒頭の結婚式のシーンで女性陣の着物が淡いトーンでまとめられていて、その立ち位置等と相まって気に入りました。
紙吹雪はすいません、落ち葉にしか見えなかったけど(…)ピンカートンのため飾るところとか切なすぎ!
段々花に見えなくもなくなってくるから不思議。

ところでなんでわざわざこういうシステム(?)をとるんでしょうね。
遊郭で遊ぶとかだけじゃだめなんかなあ。

蝶々さん綺麗かったなあー。
でも着物はやっぱり日本人の方が似合いますね。
ピンカートンJrはほっぺぷくりで可愛かった。
あと、マエストロが陽気そうで素敵だった。
初オペラ、楽しめました!
CATEGORY : Act
THEME : オペラ / GENRE : 学問・文化・芸術
DATE : 2009/01/24 (Sat)
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

おお、うらやましい!
なんとも裏山に椎の木、当地は一面の雪景色ですよ!
ストーリーはおバカでアホですが、音楽が説得力を持たせちゃうんですよね~。私は昔のLDで、林康子さんが蝶々さんを歌い、浅利慶太さんが演出した、ロリン・マゼール指揮のミラノ・スカラ座公演をもっぱら観ています。
実際はかなりの恐妻家だったプッチー二、奥さんの目を盗んで浮気をしていた相手の娘さんが、奥さんにバレて首になり、田舎に帰ってしまったのを嘆いて作った作品だ、との説もあるようで、なるほど、それで悲劇のヒロイン、と納得したことがあります。別に舞台は日本でなくてもよかったのかも(^o^)/
2009/01/25(日) 09:55:19 | URL | narkejp #flFdlPW. [Edit
>narkejpさん
こんにちは。なんと、一面雪景色ですか!寒そう…風邪ひかれないようご自愛くださいませ。
本当アホな話ですよね(-ω-)スカラ座公演を繰りかえし観られるなんてなんだか贅沢です~浅利氏って劇団四季の人ですよね?グローバルに活動してるんですね~。
おっとプッチーニにはそんなエピソードもあったんですね。あらあら…そういうのを聞くと偉大な芸術家もただの人、て感じですね。ちょっと親しみを感じたり。
2009/01/25(日) 21:20:53 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。