スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

アラビアのロレンス 完全版

2009.01.18 *Sun
Lawrence of Arabia
デヴィッド・リーン 監督
1988(オリジナル:1962)年 イギリス 227min

テアトルタイムズスクエア
340s SR/SRD/DTS/SDDS/SRD-EX


1台のバイクが疾走し、自転車をよけきれず横転。T・E・ロレンス(ピーター・オトゥール)という男が死亡した。1935年のことだった。――1916年、イギリス軍少尉だったロレンスはアラブ反乱を指揮する王子のフェイサル(アレック・ギネス)と面会し、現地の情報を収集するよう命じられる。フェイサルの軍は近代武器を持つトルコ軍に劣勢だった。血路を開くためロレンスは難攻不落といわれるアカバを攻略することを思い立ち、ハリト族の首長・アリ(オマー・シャリフ)と50人の兵と共に出立する。


いやー…どんよりした。
ある種の余韻でもあったんでしょうか。終わった後しばらくはぼーっとしながら徘徊の体。
むなしい。戦いのない世界なんて所詮幻想なのかななんて思ってしまったり。

1800円さえ出したことないのに、2000円で映画を観ました。
後悔はしていない。


以下はネタバレつらつら


後からネットで調べるまでわからなかったんですが、病院でロレンス殴った人と握手を求めて後年彼を讃えてた人が同一人物だったんですね!
驚愕。そして複雑な気持ち。
だからロレンスはあんなしょっぱい顔してたのか…


ロレンスが人の命を奪うエピソードがいちいち印象深すぎる。
自分で助けた命に銃を向けるとか、そんな!て思いとああ、ありそうだな…て妙に納得してしまったのと。
(ここで「助けなきゃ良かったんだ」てアウダ(アンソニー・クイン)がこぼすけど、そこで笑いが起きた場内がわからない)

彼がだんだん狂気を帯びていくのも怖かったな。
冒頭の飄々としたロレンスを観て、おっ戦争映画と聞いてたけど意外と重くならず観られるかもと淡い期待を抱いてたんですけどね。
物語が進行するにしたがってアリの方が抑え役になっていってたし。


あと、国民会議でのシーンも苦い気持ちになる。
ハタから見てる限りではここで争ってる場合じゃないだろう、といくらでも言えるんだけどそれまでの対立やらバックグラウンドが想像もつかないからさ。
それを乗り越えていかなきゃいけなくはあるんだけど。

誰も彼も自分のことばかりで情けなくもなった。
あの場でそうキレてみたところで状況は変わらないし。
他者優先てものすごく難しいね。
アリぐらいかなあ、そういう部分が露骨に描かれてなかったのは(それでも水泥棒を殺したしね。現代日本との水の貴重性の違いにも素直に驚く)
彼がロレンスとの最後の別れで号泣してたシーンが悲しい(ノд`)・゚・。

暴力、略奪とか今まで絶対悪だと思ってたし今も基本的には変わってませんが、正当な行為と信じてやる人もたくさんいるんだよなー…と知ったのはショックだった。
本当、平和って難しいんですね。簡単そうなのにね。


果てしなく続く砂漠もだけど、真っ白に灼けた太陽がでかでかと映されたシーンが頭に残ってます。
対照的な月夜も綺麗。
意識してなかったけど、そうかCGじゃないんだよね戦闘のシーンも。
迫力が今の映画と遜色なくてすごいわー。
でも冒頭と幕間の真っ黒シーンの意味はよくわからなかったよ。
砂漠を映した環境ビデオ的なものじゃだめなの?
そうそう、音楽も良かった。

あと細かいことなんですが、本当にえらいさんには文ごとにsirて付けるんだね。
「sir(て付けろ)」って言ってるのが「敬語を」って訳されてるのを見てほほう、と思った。
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

アラビアのロレンス
わが家にLDであります(古い!) 迫力の映画ですね。映画館で見れば、きっとさらに大迫力!なのでしょう。音楽がまた素晴しいです。実際のロレンスはどうだったのか、興味深いです。
2009/01/21(水) 20:01:01 | URL | narkejp #flFdlPW. [Edit
>narkejpさん
さすがご覧になってらっしゃるんですね~。本当に迫力満点でした。今の作品と比べても全然見劣りしませんし。
ネットで調べた範囲ですが実際のところロレンスの行為はあくまでも英軍のため、とか知れてよかったような知りたくないようなことも出てきました(´・ω・`)それでも観ることができてよかったと素直に思える一本です。
2009/01/22(木) 22:03:37 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。