スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

シンデレラ

2008.12.27 *Sat
Cinderella
新国立劇場バレエ団
新国立劇場 オペラパレス

ファミリーで楽しむ的なあおり文句を当日発見してちょっといやな予感。
覚悟してたほどには気にならなかったけども、乗り出し×とか何回も言われてるんだからさオカアサン…
思わず立つ子とかもいたりしてああやっぱり興奮するとこういう行動に出ちゃうんだねと妙に感心してしまった。
でもおしゃべりしてたおばさんたちよりはマシか。

文句から始まってすんません。


セリフがないのでお話わかってないと理解力・感性に乏しい人間にはつらいですねー。
その点今回は大助かり。
ん、去年も同じこと書いた気が。

去年『椿姫』を観たときより、少しは理解というかじっくりとステップを堪能出来た気がする。
うまく言葉に表せないけど、観てて無性に楽しくなるんです。
よっく目回らないよなー(感嘆レベル低いよ)


意地悪姉妹が強烈でした。
男性が演じているので、男同士のリフトもあったりして面白い。

王子とかその友人とか、主役級の男性役の人たちって、筋肉の美しさというかライン強調のため?
下半身が結構びっくりするいでたちですよね。
履き忘れてきちゃった?みたいな(殴らないで!)ドキドキ…違うな、ハラハラする。
細くてもすっごいムキムキですよね。
じゃなきゃあんな軽々とリフト出来ないよね。男同士でもするんだもんな。

群舞のときの隊列も、3階席だったからよく見えた。
十字になったり花形になったり、素敵。
ぶつかりそうでぶつからない絶妙なすれ違い方も綺麗です。


シンデレラの変身、魔法が解けてしまうところが鮮やかで驚き。
12時の演出、いい!

ただ、馬車横転にはびっくりだよ。
美しく変身したシンデレラが馬車の中から手を振りながら退場、第一幕終了の流れだったんですけど、退場寸前のところで横転。
それでも舞台の空気は乱れなく、えっとこういう展開?でも何のため?中に人いるし主役だし危険な演出じゃね?と頭の中クエスチョンマークでいっぱい。
幕が下りたらさすがに客席がどよめいた。
他のお客さんの漏れ聞こえた会話によると、やっぱりアクシデントだったそうです。でも怪我はなかったようで、一安心。

後々友人に話したところ、「ラッキーじゃん!」と言われました。
いやレアだけど決してラッキーじゃねえだろ。
生は何があるかわからないね。


いつもに増して脈絡ない内容ですみません。
すっごい夢の中のようなキラキラワールドだったのに全然伝わってこない記事だな…
CATEGORY : Act
THEME : バレエ / GENRE : 学問・文化・芸術
DATE : 2008/12/27 (Sat)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。