スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ブーリン家の姉妹

2008.11.01 *Sat
The Other Boleyn Girl
ジャスティン・チャドウィック 監督
2008年 アメリカ・イギリス 115min

TOHOシネマズ川崎 スクリーン7
240s SRD/DTS/SRD-EX


小説(原作):『ブーリン家の姉妹』

16世紀イングランド、新興貴族のブーリン家当主・トーマス(マーク・ライアンス)は更なる一族の繁栄のため、美しく利発的な長女アン(ナタリー・ポートマン)を国王ヘンリー8世(エリック・バナ)の愛人にしようと目論む。アン自身もこの計画を承諾し、王の気を引くよう振舞うが、彼が目を付けたのはブーリン家次女である新婚のメアリー(スカーレット・ヨハンソン)であった。


1日×土曜を甘く見ていました。満席~。なんで単館系扱い?


最初の子供時代は無邪気で可愛らしくて、以降の展開を思うとここからすでに身震いしてしまいました。
コスプレは楽しいな!
そしてひたすら怖いな!
まさに愛と欲望・裏切りの目くるめく世界だ。息つく暇もない。


以下長くなったので下に。ネタバレってほどのネタバレはないと思います


ヘンリー8世との攻防・蜜月・破綻とかエリザベスへの愛情と執着といったアンの盛衰に関しては、そこに的を絞った分か『1000日のアン』の方が圧倒的に面白かったし、観応えあった。
あっちのアンの焦らしプレイは半端ない。
いや、今回も王とアンがぶつかり合うシーンは迫力満点で目離せなかったけどね。
むしろ蜜月描写がなかった?

でもメアリーやキャサリン・オブ・アラゴン(アナ・トレント)の存在感が1000日のアンより大きく、物語は様々な人間によって織り上げられているということはこちらの方が感じられるかな。
The Boleyn whores (この表現ドッキリしてしまう)に「私はイギリス王妃です」と言い放つキャサリンとかかっこよかったし。
近親相姦がでっちあげられたいきさつというのも一瞬納得してしまいそうで、うまいことつくられたな思いました。
ブーリン夫人(クリスティン・スコット・トーマス)が唯一現代の感覚で口を出せる役で、だけど「何を甘いことを」な感じであしらわれてしまってこっちは一緒にハラハラともどかしさが募る。
最初で最後の抵抗の平手打ちは観ていてすっごく悲しかった。
叔父さま(デビッド・モリッシー)ひどい御仁だがかっこよかったな…


しっかしアンは身近にはいてほしくない女だなあ。
メアリーがキャサリンの前で無理やり歌わされているシーン、あそこで助け舟を出されたりすれば、憎みつつも完全には憎み切れないかけがえのない妹、という感じでお互い大切な The Boleyn girls というのをもっと感じられたのかもしれないけど。
出産直後のメアリーにちらり投げられたアンの一瞥が忘れられない。
彼女の息子に向けられた「バスター!!」の語気にはこっちがくじけそう。
A(nne)ではなくB(oleyn)のネックレスをずっと身につけてることから「私がブーリン家を背負っているのよ!」→転じてものすごいプライドを感じる。
だからメアリーが見初められた時も彼女が卑怯な振る舞いに出たと考えなきゃいられない人なんだろうなー。

処刑のシーンは『Vフォー・ヴェンデッタ』の丸刈りシーン思い出しつつも釘付けだったなあ。
この手前の姉妹最後の面会シーンから涙止まらなかった。


本作もそうだったけど、歴史モノは最後に文字によるその後の説明が流れたりして、私実はこの箇所大好きな事実が判明(大げさ)
あの淡々と衝撃的なこと告げられるのがたまらんのだわ。


今回は珍しく私にしては予習した方で、名前が出てくるだけで背筋ゾクリとしたり楽しめました。
原作も読みたいな。和訳出てくれて助かった。

邦題、大事な大事な(多分)other感がねえなと思いつつも、変なサブタイ付けられたりカタカナまんまよりはずっとよかったです。
しかしいきなりナタリーが自分のことそう呼んだり、妙に説明的な脚本だたな。

原作はBBCの連ドラにもなったということだけど、なるほど納得、2時間じゃ収まらないでしょう。
ヘンリーの6人の妃を余すところなく描いたドラマとかあったら観たい。
でもそしたらエリザベス1世に関するところも観たくなるな。きりないな。


超どうでもいいですが『聖☆おにいさん』読んだばっかりなんで「神のみぞ知る」てセリフが出てきた時大変困りました。
あの漫画よりこっちの離婚裁判の方がよっぽど冒涜な気もする。
COMMENT (0)  TRACKBACK (1)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

≪ストーリー≫ 16世紀のイングランド。新興貴族のトーマス・ブーリン卿は一族繁栄のために才気あふれる美しい娘アンを国王ヘンリー8世の愛人に差し出すことを目論む。ところが、王の心を捉えたのはアンの妹で凡庸だが気立ての良いメアリーだった。一家は宮中に移り住み?...
2009/04/05(日) 13:27:39 | ナマケモノの穴 [Del


Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。