スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ジョン・エヴァレット・ミレイ展

2008.10.21 *Tue
英国ヴィクトリア朝絵画の巨匠 ジョン・エヴァレット・ミレイ展
Bunkamura ザ・ミュージアム

地味に待ち焦がれていたミレイ展~。
『落穂拾い』の人と違うと初めて知ったけど待ち焦がれていたミレイ展~。
のわりに、会期ぎりぎり。

ブンカムラらしからぬ混雑でした。
休日はもっともっとすごいんだろうなあ。


長くなったので下に


目玉の『オフィーリア』はさすがでした。
引き込まれて釘付け。
あんなに吸引力があるものなのね。

彼女の周りに配置されているたくさんの花、リーフでそれぞれの花言葉が紹介されていてぞわり。
オフィーリアの表情にもぞわり。
この絵を初めて知った時も確かにぞわりとしたものだけど、不気味さによるものだったと思う。
実際目の当たりにすると不気味さと同時に芳香のようなオーラを感じてしまう。ごめん自分で書いてて意味がわからない。

そして描き込みがすごいですね。
ドレスのレース、花弁、葉に茂み…写真のようで繊細すぎる。


質もさることながら作品数も多くて観応えありでした。
緻密なのも好みだし、後半に集中していたでっかく荒々しいタッチのものも、わかりやすい迫力で観てて楽しい。

『マリアナ』もよかったです。
腰痛みたいだなと思ったけど(…)
青いドレス、素材はベルベット?
質感の表現に感嘆。
この絵に限らず、たっぷりとした服のしわとかにもため息。

あと、子供の絵が本当に可愛い。
アンカーの絵を思い出した。タッチが似ているようで結構違いますけれど。
『初めての説教』『2度目の説教』狙い通りに胸をズキュン。
可愛さとユーモアの足し算に完敗、ポストカードもちろん2枚組で買ったよ!



10/24にもう一度行ってしまいました。
初☆展覧会リピート。新宿で『オペラ座の怪人』リバイバルしてて、最終日だったので迷ったのだけど。
きっと私がロンドンに行くよりは早くまたリバイバルするだろうということで…

案の定人ごみすごい。軽い上野現象です。

なんとなくオーディオガイドを借りてみることに。これも初。
最初のデッサンが弱冠11歳にして描かれたとか豆知識いろいろ楽しいです。
ガイドで解説されているものと気に入ったのだけ観ていけばそんなに時間もかからんでしょう、と観ていたら“ファンシー・ピクチャー”セクションが大変トラップ。
結局閉館ぎりぎりまでいました…
もうあれもこれもすてき!

21日に買いそびれた『露にぬれたハリエニシダ』のポストカードを買うつもりだったけど、ポストカード化されてない絵にも欲しいのがいっぱいありすぎる!ということで図録買ってしまった。
『救助』とか『姉妹』『信じてほしい』…挙げればきりがない。


ミレイはタイトルにも力を入れてた(絵を描くのと同じくらい時間をかけてるとかいないとか)ということで、なるほどー、とあえて匂わせる程度に物語を織り込む手法にはやられっぱなし。
この語りすぎなさがいい。

ガイドのBGMや朗読を聞いていると妙に感極まって涙ぐみそう。
オフィーリアも人わんさかの中だったけど最後にもう一度観られてよかった。
図録の表紙がオフィーリアで、印刷とはいえ間近で観られるので勝利な買い物でした。
縦にしてみると、本当に人間の顔を横にした肉の広がり具合?を感じてすごくびっくり。
やっぱり不気味ではあるんだけど、狂気と崇高さが混じり合ってる気がして、改めて好き。
いつかテートに行ってみたいよ。
COMMENT (2)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

こんばんは。
ミレーとミレイってややこしいですよね。双方フルネームは長くてムズカシイし、昔はミレイの方もミレー表記のことが多かったりして。
私も23日の日中に見納めにもう一回見に行ってきたんですが、行列するわ入場規制するわ、本当に文化村にも上野現象が起きてましたね。9月はもっとゆとりがあったのに!
ロンドンに旅行されるなら、テート・ブリテンは本当にお勧めです。一枚ごとにスペースもかなりゆとりあるし、見覚えのある名作ばかりが惜しげもなく展示されていてゴージャスな美術館でした!
>ポストカード化されてない絵にも欲しいのがいっぱいありすぎる!
ほんとにそう思います!残念なラインナップが唯一の不満・・・。
2008/11/01(土) 23:58:08 | URL | リカ #- [Edit
>リカさん
リカさんのコメントを見てミレーのフルネームを今さら調べました…なるほどこっちも長いですねi-195私がオフィーリアを初めて知ったときはミレイもミレー表記でしたし、うーん区別つけていただきたいものです。
木曜の日中でさえ入場規制があったんですか!さすが恐るべし。確かに幅広い層に人気がありそうな絵でした。すごく納得。
お話聞いてますますテート・ブリテン行きたくなっています…名作ずらりというのも心惹かれますし、スペースゆったりって何気に大事ですよね。優雅なひとときを過ごしてみたいです~。もうちょっと気軽に行けるようなところだったらいいのになあ。
2008/11/04(火) 18:33:00 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。