スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ミヒャエル・ラドゥレスク パイプオルガン・リサイタル

2008.09.30 *Tue
ミヒャエル・ラドゥレスク パイプオルガン・リサイタル
ミヒャエル・ラドゥレスク
ミューザ川崎 シンフォニーホール

ミューザのパイプオルガン、一回生で聞いてみたくて。

曲目は以下のとおり…と思いますがパンフのリストとアンコールの曲名がかぶってたりでよくわかりません。

J.S.バッハ/トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564
J.S.バッハ/ソナタ第3番 ニ短調 BWV527
J.S.バッハ/前奏曲とフーガ ホ短調 BWV548
M.ラドゥレスク/エピファニアイ
J.ブラームス/11のコラール前奏曲 作品122より "わが心の切なる喜び"
C.フランク/コラール 第3番 イ短調

~EC~
J.S.バッハ/トッカータとフーガ ニ短調 BWV565
J.S.バッハ/装いせよ、おお愛する魂よ


トッカータとフーガしか存じませんで(それも「鼻から牛乳の曲」という認識で)楽章の終わりなのか曲の終わりなのかもよくわからず、拍手さえちょっとドキドキしながら、というとっても情けない感じでした。
終了しそうでなかなかしないと思ってしまった曲もあったり…

しかしパイプオルガンの音色の多彩さはすごいですね。
一つの楽器とは思えない。
ダーン!みたいなイメージはあったけど、ふわふわ感とかあなたはマリンバですか?てくらいのコロコロ可愛らしいのもあって、驚いた。
ゆったりした曲のところでは頭が違う世界へ行きそうに…

後半のエピファニアイ?とブラームスが良かったです。
自分が今どの曲を聞いているのかがあやふやなので自信ないですが。
ゆったりもいいけどやっぱり劇的な展開の方が印象深い。
パイプオルガンてなぜか宗教的な感じがするなと思うのでなおぴったり。
(連れも「宗教色強く感じる」と言っていました)
(そして『聖☆おにいさん』の妄想をしていましたがそれはどうかと思います)


私はラドゥレスク氏って全然存じ上げませんでしたが、巨匠て紹介ページにありますね。
チケットの値段やら入りやら、まだ氏がいるのに退席したり(まあ平日夜のコンサートだからてのもあるけど)船漕いでる人ちらほら、と巨匠がお怒りにならないかが心配です。
後姿しか見えないし、譜めくりの人ぐらいしか大きな動きがないから視覚的には不利ですね。
演奏終了してこっち向いてくれる時、足をぴょこんと持ち上げて振り向いてくれるのがたまらなくキュートでした。

あー、『オペラ座の怪人』のOvertureとか生で聞けたらすごいだろうなー。
CATEGORY : Music
THEME : クラシック / GENRE : 音楽
DATE : 2008/09/30 (Tue)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。