スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

オセロー

2008.09.28 *Sun
Othello
ウィリアム・シェイクスピア 著
イギリス
福田恆存 訳
新潮社

ヴェニス政府に仕えるムーア人のオセローは、武勇優れた将軍として名高く、妻デズデモーナとの仲も睦まじかった。副官と任命されなかったオセローの旗手イアーゴーはこれを憎み、オセロー・デズデモーナ夫妻、そして副官キャシオーを罠に嵌めるべく策謀を巡らせる。


やっっ    と4大悲劇読了しました。
口絵の舞台写真のデズデモーナが美人です。


結構読み心地(というのか?)悪く進んでいました。
4大悲劇、他の人たちは自業自得というか自分から悲劇に向かっていくような面があったけれども(解題でも言及されてましたね)、今回はオセローたちって災害並に悲劇を避けられないではないか!むしろ通り魔?
『モンテ・クリスト伯』の冒頭部分をひたすら読んでる気分になりました。
因果応報の方がスカッとして好みなので…イアーゴーにそういう事情があったならまた見え方も違ったと思うけど。

でも終盤はドキドキハラハラで読み応えがあった~。
山場の才能に長けているからこそ戯曲家、て感じですね。
デズデモーナかわいそーう(ノд`)
エミリアも。忠実な女性だったのに。

ハタから見てるとオセロのアホーーーなのでイアーゴーをあそこまで信頼する経緯があれば良かったのにな。
戯曲じゃ難しそうですが。
まあ、そういう不満もクライマックスと「古典読んでます!」な自己満足でカバー出来ておつりきました。
『リア王』と同じパターンだ。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。