スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

香水―ある人殺しの物語

2006.11.17 *Fri
Das Parfum, Die Geschichte Eines Mörders
パトリック・ジュースキント 著
ドイツ
池内紀 訳
文藝春秋

映画:『パフューム―ある人殺しの物語』

18世紀、悪臭たちこめるパリに一人の男が生れ落ちた。男の名はジャン=バティスト・グルヌイユ。人並みはずれた嗅覚と匂いに対する異常な執着以外には、親も生きる喜びも、己の体臭さえ持たなかった。馬車馬のように働く彼の鼻に、ある日えもいわれぬ芳香が迷いこみ…


芳香を求めるお話ではあるけれど、まず悪臭描写のオンパレードから入るのでちょっと気持ち悪くなりました。
当たり前だけどとにかく匂いについてたくさんの描写があります。
ここまで匂いが文章にされているのを読むのは初めてだ。

嗅覚て他の五感に比べてどちらかというと目立たない存在。と思う。
さらに “目を凝らす” “耳を澄ます” といったような表現もなかなか思いつかないし(私の知識が足りないのもあるけど)それに相応する行為てちょっと変態臭く見える。
それでも五感で一番記憶を揺り動かすものだし、とても本能的な要素があるよな…
と存在位置自体ちょっとミステリアスに感じます。


私の嗅覚語りはどうでもいいとして、本編の話をすると、かなり人が死ぬのに淡々と、どこか他人事でさらりと進む。
主人公のグルヌイユには当然といったように感情移入することはなく、ただ薄気味の悪さがつのるばかり。
彼の特殊な事情、才能とあいまって現実感がない。これがいいのか悪いのかはよくわからないけれど私は好きです。

グルヌイユはおよそ好感を持てない人物なのですが、誰よりも香りについての才能・執着を持っているのに自分は微塵も匂いを持たないという悲しさは私にも伝わってきました。
自分の匂い=存在を感じられないからこそ、ふわふわゆらゆらに見えるんかな。

香りを作る過程の描写はとても面白いです。
本は香らないのに、その源から香りを抽出するところは食い入るように読んでしまう。
それにしてもラストに出てきた香水は一体どんな香りがするんでしょうねえ…
さすがに文章では匂いによる陶酔を体感できないのが残念。


ラストは壮絶で、それでも例によって淡々と描かれていて、面白いですよ。うまいですね。


映画化するとは聞いてたんだけどあまり期待はしてませんでした。
でもさっき公式サイトを見てみたところうわーやばい劇場で観ちゃう気もします…おもしろそう…
原作より耽美色が強そうだな。


そして今私の腕では瓶を開けた際勢い余って飛び散った香水が強力に香りを放っています。つらい。
私に香りを語る資格はあるのか…
COMMENT (8)  TRACKBACK (2)  EDIT | 

COMMENT

これヴィレッジバンガードでオススメされているのを見たことがある!けっこうお耽美な話なんだー。
2006/11/19(日) 02:08:44 | URL | ミチヲ #- [Edit
>ミチヲやん
んー淡々と書かれてるからかそんなにお耽美でもないよ。
映画のトレーラーがそんな感じがしたの。よければ貸しますわよ~
2006/11/19(日) 02:17:50 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit
ホント!?ぜひ読みたい!!最近ちょっと希実ちゃんにはパラサイトしまくりですw
2006/11/19(日) 03:24:49 | URL | ミチヲ #- [Edit
>ミチヲやん
んじゃ今度持ってくね。
私もミチヲさんにパラサイトする気まんまんまんですからお気になさらず(・∀・)ノ
2006/11/20(月) 00:32:05 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit
こんばんはー。
グルヌイユが殺人を犯してまでつくりあげた香水のいかなるや、とっても気になりますよね。さすがに文からは匂ってきませんもんねー(笑)
予告を見ると、ほんとに耽美っぽいですよね。ともかく早く観てみたいものです!
2006/11/26(日) 23:29:21 | URL | リカ #- [Edit
>リカさん
こんにちは~
本当にどんな匂いなんでしょう例の香水は。。乏しい己の想像力が憎いです(´д`)
真っ赤な画面と相まってかなりどきどきする予告編ですよね。期待してなかったて書いたわりにだいぶ公開が待ち遠しくなってきました(笑)
2006/11/28(火) 22:41:55 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit
映画のほうを試写会で観てきました。
とても引き込まれてしまい、最後は力尽きたように放心状態・・・。

本当に、いいようのない作品に仕上がっていましたよー。
すごいダークな世界観なのに、もう一度観たいとおもってしまいます。
2006/12/17(日) 03:14:35 | URL | nami5539 #yl2HcnkM [Edit
>nami5539さん
はじめまして~。
映画観られましたか!いいないいなあ。
「いいようのない」「放心状態」とのこと、期待高まってしまいます。
劇場で観るかやや迷だったんですけど、きっと観ちゃいますねこれは…
2006/12/17(日) 03:32:50 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

香水―ある人殺しの物語映画が製作されたパトリック・ジュースキントの『香水 ある人殺しの物語』(池内紀訳、文芸春秋刊、1988年、文春文庫にも所収。(Patrick Suskind, Das Parfum 1985))をやっと読む。18世紀、フランス。パリに生まれた孤児のジャン=バティスト・グ..
2006/11/26(日) 23:26:34 | 気まぐれ映画日記 [Del
香水―ある人殺しの物語パトリック ジュースキント (2003/06)文藝春秋 この商品の詳細を見る満足度:★★★★☆いままで嗅覚に注目した作品を読んだことがなかったから、この作品はとっても新鮮でした。文章で「にお
2006/12/11(月) 23:55:08 | ぱらのいあ [Del


Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。