スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

大奥 3巻

2008.09.02 *Tue
大奥
よしながふみ 著
日本
白泉社

1・2巻感想
4巻感想

冒頭、「このニャンニャン娘は(゚o゚)ダレ?」状態w
家光カワユス。
悲しみ、辛さを乗り越えて穏やかに、母になっていく過程がいいなあ。


以下はネタバレ


春日局にも憎めないエピソードが出てきちゃいましたね。
破壊とかに向かわせようと思っている者は誰もいなくて、それぞれが必死にもがいた結果の決して正ではないスパイラルが圧巻。


家光も言っていた通り、男女逆転しても好きでもない複数の異性と交わらねばならぬ、ということが変わらず健在なのが痛い。

2巻のご内証といい、今回のささやかな気晴らしといい、当初本人たちはどうしようもなかったからとった行動が、様式だけ後世に繋がって1巻のような悪習になってしまったことはとても興味深い。

繋がりを感じるといえば史実との絡みも。
うっかり納得してしまいます。すとんと。


登場人物それぞれ壮絶な人生を送っているけれど、今回一番かわいそうだったのは捨蔵ではないか…?
一炊の夢ってやつ?
家光が母になったのと同様に彼も父になり…最期の言葉が悲しすぎる。

そして有功は本当に聖人だな!人間出来すぎ(ノд`)
でも特にイヤミもなく受け入れられた。
家光含め殺伐とした大奥では失いがたい陽だまりですよ。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。