スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

VAMP!?

2008.06.22 *Sun
VAMP!?
小坂理絵 著
日本
講談社

幼い頃両親と死別し、修道院に暮らす りお。神に仕える厳かな“女地獄”の日々だが、ある日行き倒れの美少年を発見。その場に放置するわけにもいかず連れ帰るがりおの部屋で目覚めた彼は…


昔の漫画を探してたらふと目に入った小坂理絵の文字。
あー『セキホクジャーナル』大好きだったなあとか懐古モードになってつい購入してしまいました。
7年前(!)の漫画だそうですがすでに『なかよし』は卒業してたので完全な新作気分。
どうでもいいけど妹がなかよし、私が『りぼん』担当でした。

そうだこの人ギャグが面白いんだよね~と初めて読むのに懐かしさを覚えながら読んでた。
可愛らしい絵としゃべってる言葉のギャップが素晴らしい。
「いまの邪悪なツラを石膏で固めてシスターのまえに引きずりだしてやりたい!」(p44)過激ですw


微妙にネタバレしそうなので以下隠して


同室かよ!吸血鬼以前の問題で非常識だろ!てのはご愛嬌かしらね。
きっとりおに指一本でも触れたら…という遠縁の娘システムなんだろう。きっと。
なかよしだからそういう展開になる心配もないし。きっと。
まあそこ言ったらなぜわざわざ女の園にって話だしね。ウフ!

ところでりおが修道院出て行ったのは徹が出て行った2年後なんでしょうか。
ラストの妹出現のところは4年後って書いてあるけど、徹が出て行った時点では「妹が来るのは6年後」て言ってるもんね。
それなら新米(多分)修道女たちがりおを修道女の鑑認定してるのもわかるし。昔を知らないってことで。
と認識してみるとスゲエ!純愛!!
りおはともかく徹は周りにたくさん異性がいるのに!お年頃なのに!少女漫画いいね(笑)!

ところで第2弾・羽純はなぜ修道女を志しているのだろう…
シスター・エリザベートが素敵だった。


くだらないことばかり書いてしまいましたが最終回はうっかり泣きそうでした。
別れのシーンがいくつもあったけどどれもよかった…!
好きだからすぐ追っちゃうよではなくて、それがお世話になった人を心ならずも裏切る行為になってしまうていう葛藤がじわんときますね。
徹との別れに関しても、一人部屋で泣くりおが純愛~できゅんとしました。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
05
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

04 | 2017/05 | 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。