スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

斜陽

2008.06.21 *Sat
斜陽
太宰治 著
日本
新潮社

いまの世の中で、一ばん美しいのは犠牲者です。(p202)


終戦、昭和20年。没落華族であるかず子の家は当主を失ったこともあり困窮していた。東京の家を売り払い、母と共に伊豆にやってきたかず子は、そこで慎ましく生活を始める。ある日、かず子は戦地で行方不明になっていた弟の直治が生きていたこと、じきに伊豆へやってくること、そして彼が阿片中毒に陥ってることを知らされる。


華族フェア(フェアだったのか!)引き続きで。
感想は一段下げたとこに書くとして、とりあえず萌えで読むもんじゃねえなということはよくわかりました。


正直、上原さんや直治の苦悩というものは、そこまで迫ってこない。
というか私にはわからないんだ…
それこそ直治の遺書にあったような「あくまでも生き伸びるべきであった」(p187)とか言う側になる気がするんだよねどっちかと言えば。
もうちょっと自分の生活の中で辛酸を舐めたりしないと理解できないんだと思う。

それでもお母さまの“最後の貴婦人”としての姿は素敵だなあ可愛らしいなあと思ったし、“滅びの美学”と形容されるにふさわしい展開には酔えた。
光の中の影・影の中の光を描き出した、みたいに解説で書かれていたけれど、本当そういう色調の画集を観てるようだわ。
あと、女性の一人称が優美だよなー。


ところでかず子の上原さんに対する言動ってかなり怖い…ってそこはスルーしなきゃいけない箇所でしょうか。
1度会ったきりで6年会ってない人に宛てる手紙じゃないよあれ!とか結局本当に押し掛けちゃうのねとか。
あそこまでの行動力は(ほんの少しだけ)見習いたいものです。
自分が受け入れられることとか可愛がられていることとかを疑いなく信じられる感じられるていうのは素直にうらやましい。
もちろん本人の天性もあるだろうけど華族のお姫様だからていうのもきっとあるよな。
だからこそ上原さんも貴族は嫌いで好きなんだろうな。かず子のことも直治のことも。

最後の手紙はとても余韻を残されたな。心憎い。
マイ・コメデアンかあ…
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。