スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

林檎の樹の下で

2008.06.06 *Fri
林檎の樹の下で
勝田文 著
日本
集英社

華族制度が残る昭和10年代。伯爵令嬢の極子(きわこ)は池島侯爵との縁談が噂されていたが、彼の高慢さに反感を抱いていた。ある日友人“えん”の父親が主宰するサロンに出入りする貧乏画家・佐野と出会い、極子は彼に惹かれていく。


集英社の『コーラス』2006年11・12月号に収録された勝田文の読み切りでございます。
漫画雑誌なんて何年ぶりに買っただろう。
いやに軽くて、ああ大人になったんかな自分と思ってたらあれか、紙が変わったのか。

雑誌に関しては大半連載なのでわからないのも多かったけども、谷川史子の『プリズム』(これは読みきり)、石井まゆみ『キャリア こぎつね きんのもり』、河内遥『空の箱庭』がいい感じでした。
下吉田本郷『万福児』、伊藤理佐『ヒゲぴよ』もキライじゃないw


さて、本題の林檎~については以下ネタバレ込みで。
どうでもいいけど侯爵の侯と気候の候って字が違うの初めて知りました。


まずは扉絵堪能。
前編のカラーも綺麗だけど、後編のモノクロも素敵…
タイトルとか抜くとまた印象がガラリと変わりそうだなあ。
風がどっちから吹いてるのかが気になりますが。
集英社からの既刊の他に、他社から出てる『あのこにもらった音楽』も好評発売中!て書いてあって、太っ腹だなと思ったり(笑)
かと思えば、別にまるまる1ページ使って白泉社の雑誌『MELODY』の宣伝もしてるんだよね~。不思議だ。


本編について:TOKIMEKI!
ああもうなんでこの人の時代ものってこんなときめくんでしょう。
ご自分の作品に対して照れがあるんだろうなあっていうのは他の作品にも感じてて、それがあの妙な味のある手書き台詞やらに出てるんだろうなって。
時代物になるとそういうのが一部解放されるのかな。
つっこみ手書きは相変わらずだけど。あの場面で「マゾかよっ」て入れるセンスがすごい

ファッションとか言葉遣いとか素敵だなあ。
亀田のご令嬢と口喧嘩するときもそこまで汚い言葉じゃないし。
「おコネ」と「おキー」に笑ったけど。
侯爵の悪口をいう時も「あの方ってば本当にひどいのよ?」今の感覚だと可愛らしくお上品に聞こえてしまう。
こんな時でも「あいつ」じゃなくて「あの方」というのが育ちの良さというか時代の常識というか。
あと、お姉様が極子のこと「きいちゃん」て呼んでるのもなんだかカワイイ。
このお姉様、ちょっと天然ぽいよね。


話に関してはつくりが甘いと言えなくもないけどまあ良し。勝田文だし。
佐野さんの化けの皮がわりとあっさりはがれてしまうのが むむ だけれど、本気で極子に惹かれ始めていて良心の呵責に…て好意的な推測をしてます。
ハンカチ握り締めた時のしょげた顔がいいな。
そこからぐすぐす去った極子と侯爵が鉢合わせ→即仲直りとかじゃなくてよかった。
一度極子が「私 無力よ…」てなってくれて。

極子×侯爵はツンデレだな!たまりません。
「あなたをお慕いしていました」はもちろん、「いっそ爵位などなければよかったのに」にきゅんとしました。
ベッタベタな台詞だけど、こんなにムッツリした人が言っちゃうなんて!みたいな。
ああ、転がされている…
お慕いなんてフレーズ、きっと一生言われることないだろうな…言われてもギャグか罰ゲームだと思うよな…
ラスト、極子の来訪を知ってわたわたする侯爵が(・∀・)イイ!
「家令はなんでも知っている」もね、とてもいいです。
さりげなくそういうこと書く人がジーヴス描くっていうのが嬉しい。

悲しいことにお慕い~の侯爵様のカンバセに印刷の汚れが…!よりによってここかよ…
カッターで慎重にホワイトニング。夜中に何やってんだろ…


ああ、昭和ロマン堪能いたしました。
この間行った庭園美術館、これ観てから行けばよかったかななんて。
まあ展覧会はともかく美術館は逃げないしね。また行きましょう。
あ、前編の扉は前から知ってたんですけど、そこに描いてあった金平糖型?のライトが館内にあったんですよ!発見した時は興奮したなあ。

ありえなさそうだけどスピンオフというかシリーズ化していただければ、その度いちいちときめきそうです。
えんさん(この人にもおもしろセンスの魔の手が…フルネーム…)と変な髪形の画家さんとの平民同士だけど格差感じる間柄とかお姉様の若奥様としての生活とか。
主役2人の束の間の侯爵夫妻の生活とかも見たい~。


それはともかく早く単行本になってほしいです。
他にも未収録作品あるようなのでページ数は足りてると思うんだけどな。
ジーヴスに関しては単行本刊行は結構楽観視してるんですけど、こちらに関してはちょっと心配。
ファンレターとか出して需要をアピールしてみようか。…ファンレターて何書けばいいの?
CATEGORY : 漫画
DATE : 2008/06/06 (Fri)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
07
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

06 | 2017/07 | 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。