スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ロリータ

2008.06.04 *Wed
Lolita
ウラジーミル・ナボコフ 著
アメリカ
大久保康雄 訳
新潮社
これってアメリカ文学でいいんですよね?

幼い頃の恋人アナベルを忘れられずにいたハンバート。いつからか彼は思春期前の少女―ニンフェットの魅力にとりつかれるようになった。下宿先を探していたハンバートはアナベルの面影を宿す少女ロリータと出会う。彼女の母親シャーロット・ヘイズに気に入られたハンバートは、このヘイズ母娘と暮らすことになる。


いやー進まなかったな~。
難しくてわけわかりませんでした。
だから登場人物多いのとか呼称ころころ変わるのとか無理なんだってば!(逆ギレ)


ネタバレ含んで続きます。いつもにましてろくでもない感じです


冒頭からいちいち変態オーラがほとばしっていてむしろ清々しかったです。
「舌のさきが口蓋を三歩すすんで、三歩目に軽く歯にあたる。ロ。リー。タ。」(p14)がなんとなく好き。

ただそんなハンバート氏の変態トークにうんざりすることも度々で、なんだ私、結構変態ポテンシャル低いじゃん、とちょっと安心したり(苦笑)
というか私の個人的な好みが思春期ものから別のものにシフトしているのかも。
危うい少女の複雑で単純な心理とか、以前はああどきどき、て感じだったけど、今はうん~惹かれないこともないけど…な程度になってきた。ような。

そう、ハンバートはさすがに少女を愛するだけあって老獪なおっさんの中にちょくちょく思春期な一面を覗かせている気がした。
序盤はなぜだか『悲しみよ こんにちは』を読んでいる時と似たものを感じたもん。
いやにキラキラした情景。そして邪魔者の死。
シャーロットが不憫でならない…どうせなら何も知らないまま死ねたらよかったのにね。
ところで自分が魅力的な容貌だということを常に頭に入れといてねってすごいよな。しかもワキガに痔持ち


ロリータが死んでいることを読了後Wikipediaで知った私。
どんだけ読解力ないんだよと自分につっこんでいたら“はしがき”で言及されているのね。
しかもシラー夫人表記で。そりゃあ私には把握不可能です。うーんニクイ。

終盤は語り手の気は狂ってるわ、数多の人と呼称が飛び交うわでもう脳がパニックです。
とりあえずキルティはしぶとすぎだ。ありえん。
それともハンバートの幻覚かしら。


美しい描写、言葉遊びはなるほど面白い。
といってもわざわざルビふってくれてるところのそのまた一部しかわかりませんでしたけど。
原文で読めたらさぞかし面白いんでしょうね。

「私たちは友人たちに、あたかも文学作品のなかの人物が読者の心のなかで獲得するような性格の固定性をあたえようとする傾向があるようだ」(p399)
主題ではまったくないけど(あ、主題だとか意図だとかこの作品に関してどうでもいいんだっけ?)なんだか納得したくだり。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。