スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

オールドノリタケと懐かしの洋食器

2008.05.27 *Tue
世界に誇る和製テーブルウェア オールドノリタケと懐かしの洋食器
東京都庭園美術館

今回も順調にときめき!
でもウットリというよりは、キャー!ぜひ手もとに!というちょっとだけ軽めのノリでした。
重厚なのもたくさんあったのになぜでしょうかしら。
ガラス邪魔ですってぐらい、いつになくガン見してしまった。
繊細さ、金とかふんだんに使った贅沢さに幸せ気分。
レース風の加工してあるやつとかやっぱり好き。

エロ目の鳥と貧相にデフォルメされた龍のお皿が面白かったw
立体的に実を表現したやつも。


今回「ラスター」という金属のような光沢を放つ釉薬を初めて知りました。
微妙なところに説明がありましたけれど。最初に欲しかったぜ…
多彩な魅力があるね。陶磁器というまったく違う質感のものとの組合せが不思議な感じを出していて。
真珠様のラスターってちょっと螺鈿ぽい。

同じ形でも違うデザインを施して全く別物に感じるものだとか、同じ柄を持つ和の茶器セット&洋のティーセットにも、こんなアプローチが!と驚きました。
薔薇モチーフの多様さにもびっくり。

モガっぽい文が入った煙草セットもおしゃれだったなあ。
煙草ケースに描かれた女の子の洋服と、ケースを載せてるお盆の色の合わせ具合が素敵。
説明文にも「(色を合わせているのが)心憎い」と書いてありました。
ツバメをモチーフにした別の展示品の説明ではカッコ書きで「ペンギンに見えなくもない」とか書いてあって、さりげなく主観混ぜちゃってるあたりw


展示品だけでなく建物もよかったです。
日本では建物そのものに味がある美術館てあまり行ったことがないのでセクション間移動するだけでドキドキしてしまった。
入り口、なぜだかラリック美術館を思い出すなあとぼんやりしてたら、なるほどラリック作のガラスレリーフがそこに!

階段とか窓とかも展示品となんとなく雰囲気合ってた。
レースのカーテン越しに見える庭園の薔薇とか…
さすが元宮家の住居。ってさっき知ったんですけどねウフ
昔一回だけ行ったことあるはずなんですけど気持ちいいぐらい記憶がない。
幼少期でなく学生時代のことなのに…

そして庭園はのんびりしつつも時期ですね、蚊柱ゆえにですね、比較的早歩きで。
気持ちよかったんですけどね。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。