スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

暗くなるまで待って

2008.05.20 *Tue
Wait Until Dark
テレンス・ヤング 監督
1967年 アメリカ 109min

スージー(オードリー・ヘップバーン)の夫サム(エフレム・ジンバリスト・ジュニア)が押し付けられるように預かってきた人形にはヘロインが隠されていた。人形を追う組織のリーダー・ロート(アラン・アーキン)はマイク(リチャード・クレンナ)、カルリーノ(ジャック・ウェストン)と共にスージーたちの部屋を家捜ししている最中、スージーが盲目であることを知る。彼らは一芝居打って人形を手中に収めようとするが…


おまえら人の家なんだと思ってるんだ!て感じですよね(そこ?)
何の落ち度もない夫婦が犯罪に巻き込まれるというところにまず恐怖を感じてしまった。
「私たちが何をしたっていうの!」 まったくだ(ノд`)


以下はロートの前髪ぱっつんが気になって仕方がなかった気持ちを抑えてネタバレ


部屋の様子はわからないけれど何かがいつもと違う、と感じずにはいられないというのは恐怖もだけど相当気持ち悪いことだよなあ。
招かれざる客がいなくたって神経参ってしまいそう。
3人の犯罪者は殺人やヘロインと同様、1人の婦人を翻弄したことにも罪悪感をもっていただきたい(死んでるけど)。
リサ(サマンサ・ジョーンズ)の死体がバーンと存在感を放つ中カバンを選ぶスージーの画にとてもぞくぞくした。


次なるぞくぞくポイントはマイクに電話したあとの2コールだな。
わかっちゃいるのにものすごい恐怖だった。
見えない鎖とナイフにがんじがらめにされているような絶望、そんなスージーにもハラハラ。

ていうか、スージーとグロリア(ジュリー・ヘロッド)は険悪な関係なのかと思ってたよw
全然頼りになる子じゃないか、グロリア。
といいつつ、このままグロリア大活躍で終わるのもなあ…と思っていたら期待に沿うようにピンチ襲来。
スージーが電球破壊していくところはアドレナリン大放出だった。
決戦で時々真っ暗になるところはドキドキしますね。


マイクのあきらめっぷりはサスペンスにあるまじき行為だけど、スージーに対する敬意が清々しくてよかったでございます。
CATEGORY : アメリカ映画
THEME : サスペンス / GENRE : 映画
DATE : 2008/05/20 (Tue)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。