スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

ハンティング・パーティ

2008.05.13 *Tue
The Hunting Party
リチャード・シェパード 監督
2007年 アメリカ 103min

CINECITTA' CINE2
129s SRD/DTS


ベテランカメラマンとしてNYで活躍しているダック(テレンス・ハワード)はレポーターのサイモン(リチャード・ギア)と再会する。二人はかつて共に戦火をくぐり、伝説的なレポートを送り続けていたパートナーだった。サイモンはダックに特ダネと称し戦争犯罪人フォックス(リュボミール・ケレケス)の情報をちらつかせる。そこにTV局副社長の息子ベン(ジェシー・アイゼンバーグ)も飛び込み、3人はフォックスを追うこととなった。


なんだか映画観るの久しぶり…今月初めてだもんなあ。
とりあえず寝なくてよかった。

マルヤナがダイアン・クルーガーだったことエンドロール観るまで気付かなかった私。
どうりで(無駄に)綺麗な人だなーと思ったわけだ。


『大いなる陰謀』同様、やりきれないものを感じるのは扱っているもののせいですね。
そういうものなのか、男たちのスリリングな珍道中(←?)をワクワクドキドキして観るものなのかいまいちわかりかねました。
まあ楽しく観られたかな。


以下、ネタバレ


ビビリなので斧で殺されそうになるシーンは怖かった…!
サイモンは(キャスティング的に)死ぬわけないだろと思っていたけど、ベンに対してはそれほどとの自信が持てなかったので思わず目をつぶってしまったり。


微妙にもやもやを感じる箇所もいくつかあったものの、フォックスを捕らえられてよかった、と素直に思った。
あそこで捕らえることは出来ても無傷で脱出することなんか出来ないんじゃ…と思ったら負けよね、うん。
その後の処置も滑稽かつよかったのではないかなと思う。
少なくとも私にはあれより良案は思いつかないです。
でもそれって問題なんだよな。
悪いことをした人間を捕らえて然るべき刑罰を加える、という単純なシステムがなぜ機能しないのか。悔しいな。

本当、飛行場で「走れ!」で終わられたらどうしようとヒヤヒヤしましたw
その方がいい、捕物帳は蛇足て意見もありそうだけど、そうなったらどんな青春ものだよとつっこまずにはいられない。


月並みな意見だけど、本当戦争ってなんなんだろうなー。
フォックスは凶悪犯との認識が強いけれど、何らかの彼なりの信念ていうものがあるんだろうし。
力ない人を殺してまで貫く信念てどんなものなのかとかよくわからない。
映画の感想という他愛ないことでも、文章を発信するって自分の薄さをさらけだすことですね…今更だけど。

マスコミの功罪というのもテーマの一つですね。ちょっとだけ考えてしまう。
メディアリテラシーを豊かにしていかないといけないなあ。
ラストの事実?の列挙がもしかしたら一番面白かったかもしれない。
CATEGORY : アメリカ映画
THEME : 映画感想 / GENRE : 映画
DATE : 2008/05/13 (Tue)
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
08
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

07 | 2017/08 | 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。