スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

つぐない

2008.04.13 *Sun
Atonement
ジョー・ライト 監督
2007年 イギリス 123min

CINECITTA' CINE11
407s SRD/DTS/SRD-EX


小説(原作):『贖罪』

1935年、第二次世界大戦直前のイングランド。政府官僚の娘ブライオニー(シアーシャ・ローナン)は美しい姉セシーリア(キーラ・ナイトレイ)と使用人の息子で幼なじみのロビー(ジェームズ・マカヴォイ)が噴水の前で二人きり、しかも姉は薄着でずぶ濡れのところを目撃する。その後も二人のただならぬ関係を意識する場面が連続し、ブライオニーはロビーに警戒心を抱く。その夜、家庭の事情で預かっていた親戚のローラ(ジュノ・テンプル)が乱暴されてしまう。ブライオニーは「犯人を見た」と証言。彼女の言葉が二人の恋人同士を引き裂いてしまった。


服飾・調度、それらの色彩に音楽と作品を彩る全てが好み!
ストーリー、役者さんたち共にとてもよかったー。

そして、とっても怖い話。


以降つらっつらとネタバレ含んでべしゃります


ブライオニーの思い込みというか悪意のなさがそのまま思春期の毒とも言えるのではないかしら。
自分をも侵していった毒。
姉のこともロビーのことも大好きだったからこその嫉妬と嫌悪感、噴水でのことも図書館でのこともものすごく汚らわしいことに見えたんだろうなあ。

ローラに「(姉さんが)襲われていたのを私が助けたの」なんて語ってるのが象徴的。
本気でそう思ってるんだか思いたいのかは判然としなかったけれど。
自分のやっていることをしっかり認識していながら、実はわかっていないその聡明さと未熟さがすごく怖かった。
愚かって言葉じゃ済まされないけどそうとしか言いようがない気もする。

ポイントだと思うのは、ブライオニーが決して特殊な子ではないということ。
なるほど同年代の子より少しばかり賢くて、想像力も豊かだったんだろう。
それでも他の子だって同じ状況下に置かれたら結構な確率で同じ過ちを犯すと思うよ?
ブライオニーが何も言わずとも、ローラ自身がロビーに襲われたって勘違いしない確率もゼロではない。
色情狂なんておぞましい事前情報があるんだから。ああ怖い。


そしてまさに一生を懸けても償えない過ちに発展していくことにも恐怖を覚えますね。
少しずつ綻んでいく様が。
彼女が書いた小説のように責められるのもつらいけど、そうしてくれたらどんなによかったか、て思いだったんだろうな。
「二人が失ったものを取り戻させたかった」というのがすごく頭に残ってる(ノД`゚)
「二人が失ったもの=私が奪ったもの」ていう思いもつきまとっていただろうし。
現実的でやりきれないラストだ。

諸悪の根源ポール氏(ベネディクト・カンバーバッチ)がしゃあしゃあと富豪になっているのもね~。やりきれない。にくい!
天は無情だよ…とか思っちゃう。ローラとの結婚生活はどうなっていったのか。
お菓子噛めって言ったときのあのいやらしい「ぶぁいと」を聞いていたら絶対真犯人わかったろうにブライオニー。


報われなかったからこそ余計に美しく見えたのか、二人の愛情は。
素晴らしいね。正直あの状況であそこまで固く信じあうって難しいよなあ。
お互いへの想いに少しも揺らぎがなかったのがこの作品中の救いかな。


ロビーをどこかで見たなあと思ってたらタムナスさん(『ナルニア国物語』)だったのね!
あの時もロリコン疑惑出たんだよな(私の中で)
んもうあんな手紙綺麗にとっとくなよーバカバカ!

そしてキーラは本っ当に綺麗だよなあ…ため息。
完璧だわね。芸術だわあ。
ひたすらロビーを信じ待つセシーリアはもちろん、冒頭の素直になれず彼のことを悪く言う彼女も可愛らしかった。


すごく気に入った作品だけどずずんと衝撃をくらうので再見つらいかもね。
とりあえず原作は読んでおきたい。

ところで余談ですが、どうやらこのブログを始めて、これが映画鑑賞100本目ぽいですよ。
単純に考えると私の場合、映画100本観るのに19ヶ月かかってしまうというわけであります。
そうなると一生で観られる映画…映画に限らずいろいろな物事との出会いなんて限られてるんだよなあと実感。
一期一会の精神で大事に過ごしていかないといけないですねえ、と一人しみじみ。
COMMENT (2)  TRACKBACK (7)  EDIT | 

COMMENT

映画100本観るのには
年間数本しか観られませんので、たぶんあと数十年かかりますなぁ…(^o^;)>poripori
いやいや、退職したら毎日が日曜日で、映画三昧ってのもあるか(^o^)/
若いうちが華ですよ、とちょいと先輩ぶってみました。いい季節になりましたね。
2008/04/17(木) 06:58:38 | URL | narkejp #flFdlPW. [Edit
>narkejpさん
ええっそうなんですか?たくさん観られているイメージがありました。きっと読書の方とごっちゃになっていたようです私の中で。読書に関しては100作読むのなんて当分先…
やっと春を感じる気候になってきましたね~。また不安定ではありますが陽気を楽しみたいです。
2008/04/22(火) 17:25:16 | URL | のぞみ #aEmTB4nk [Edit

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List

2007年 イギリス 原題:ATONEMENT 監督:ジョー・ライト 脚本:クリストファー・ハンプトン 出演:キーラ・ナイトレイ、ジェームズ・マカヴォイ...
2008/04/20(日) 15:57:46 | KINOMANIE [Del
≪ストーリー≫ 第二次世界大戦前夜、夏のイングランド。政府官僚の娘で未来の大作家を自負する13歳のブライオニーは、大学を卒業したばかりの姉セシーリアと使用人の息子で幼なじみのロビーのただならぬ関係を察知し、ロビーへの警戒心を抱く。そして事件は起きる。ブラ...
2008/05/06(火) 20:06:27 | ナマケモノの穴 [Del
人気ブログランキングの順位は? 一生をかけて 償わなければならない罪があった。 命をかけて 信じ合う恋人たちがいた。
2008/05/14(水) 00:02:07 | ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!! [Del
ブロガー試写会に招待されました。(^^) ニューヨーク在住のフランス人写真家のマリオンと アメリカ人のインテリアデザイナーのジャックは付き合って2年。 ちょっと倦怠ぎみ。 二人はベネチア旅行の帰りにパリのマリオンの実家に立ち寄る。 彼女の家族に会ったジ?...
2008/06/12(木) 01:57:25 | 映画、言いたい放題! [Del
移動サーカスでテントを次々と覘いてゆくような戦場の光景。引き揚げ船の到着を待つ兵士たち。長回しが効果をあげるなか、ダンケルクの場面は幻想味に溢れている。 シアーシャ・ローナンの透明感に驚いた。彼女の少女時代を切り抜いてフィルムに焼き付けたと云う一事をも...
2008/11/12(水) 00:08:55 | MESCALINE DRIVE [Del
{/kaeru_fine/} 最近「楽市楽座」のコマーシャルにスザンヌが出演しているのを発見{/ee_3/}したピロEKです。 実は今日の「つぐない」の記事、随分前に9割方書き終えていたのですが(「ハンコック」よりも前に)、鑑賞順でまず「ハンコック」の記事をアップ。で、その後...
2008/11/12(水) 23:19:18 | ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画 [Del
ブッカー賞作家イアン・マキューアンのベストセラー小説を、『プライドと偏見』のジョー・ライト監督が映画化。幼く多感な少女のうそによって引き裂かれた男女が運命の波に翻弄(ほんろう)される姿と、うそをついた罪の重さを背負って生きる少女の姿が描かれる。運命に翻...
2009/02/15(日) 07:17:32 | サーカスな日々 [Del


Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
10
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

09 | 2017/10 | 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。