スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

エディット・ピアフ~愛の讃歌~

2008.03.30 *Sun
La Môme
オリヴィエ・ダアン 監督
2007年 フランス・チェコ・イギリス 140min

早稲田松竹
153s SRD


パリのベルヴィルに生まれたエディット(マリオン・コティヤール)は祖母が営む娼館で幼少期を過ごす。一時的に失明したものの回復したエディットは大道芸人の父(ジャン・ポール=ルーヴ)に引き取られ、各地を転々とする。月日は経ち、友人のモモーヌ(シルヴィー・テステュー)と路上で歌い生活していたエディットは名門クラブのオーナー、ルイ・ルプレ(ジェラール・ドパルデュー)に見初められデビューを果たす。ルプレは彼女に“ピアフ―雀―”という名前を与えた。


彼女については全く知らないので、事実は気にせず映画そのものの感想をくっちゃべるであるよ。


すごい人生ねえ…私とは真逆の道を歩んでるなあ。
なるほど指摘されているとおりこういう伝記物?として見ると一線を画しているとは言いがたいですが。

主演のマリオン・コティヤールって今まで作品観たことなかったんですが、べっぴんさんなのね。
世界各国のスクリーンに全編ブスメイクで挑むってこと時点で女優魂を感じます。
演技もとっても気迫を感じて素晴らしかった。

そうそう子役たち(マノン・シュヴァリエ、ポリーヌ・ビュルレ)もよかったですよ。
というか2人いたことに気付かなかった…それだけ似ていて自然だったのか、私がボケていたのか。


歌声にいちいち鳥肌が立つ。
あまり好きな声じゃないと思っていたんだけど、こう心が震えるというか。
『愛の讃歌』が一番好き。山下達郎みたいに軽やかに歌い上げるのも好きですけどね。
もっとステージでのシーン長く聞いていたかったけど、なんとも泣かされた。
本当に歌うことが人生だったんだねー…と、つくづく感じました。

いろいろ痛ましいことも起きていたけれど、祈りを捧げ「愛しなさい」と言える人生なんて相当素敵だよね。
そう思っていたのでラストの『水に流して』歌詞にはとても説得力を感じた。

エンドロールは最後に歌声を堪能出来る~と思っていたらどんよりとしたインストだったのが若干残念かな。

そうそう、目の見えなくなってたエディットが、回復して最初に見たものってあれ桜でしたよね?
なんだか妙にほっこりしました。いいな。
失明の原因が梅毒と真っ先に思ったのは内緒です。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
11
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

10 | 2017/11 | 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。