スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

悲しみよ こんにちは

2008.03.24 *Mon
Bonjour Tristesse
フランソワーズ・サガン 著
フランス
朝吹登水子 訳
新潮社

奔放な父レエモンと2人で暮らす少女セシル。ある夏、彼女は父とその恋人エルザと3人別荘で過ごすことになったが、そこに亡き母の友人・アンヌが現れた。セシルたち父娘と対照的に堅実な性格のアンヌとレエモンは急速に惹かれ合い、一夜で婚約を決めてしまう。レエモンとの生活を壊されたくないセシルは、恋人シリルとエルザを引き込み、ある策略を実行する…


タイトルのせいか(?)ミステリーと思っていました。
いやあ、バリバリ思春期!でしたわあ。思春期もののわりには主人公年くいすぎとも思うけど
こういう青い毒をまともにくらったのはすごく久しぶり。くらくらする…
望月花梨が漫画化すればいいんじゃない。
同氏作の『泥沼ノ子供タチ』を連想させました。よく比べると結構違うんだけどね。
どんどこ映画化されてると思ったら、そうでもなさそうですね。いかにもフランス映画ぽい(個人的イメージ)のに。


シリルかわいそうに(苦笑)

良心の呵責の“ようなもの”と表したり、罪悪感というよりは悲しみと表現したり、そのあたりになんだか小悪魔を感じる。
自分の過ちと認めている一方、「仕方ない、あの人は禁を犯したのだから」とも言いたげな箇所もあったりして。怖い…

ハタチ越えた人としてひとつ無粋なコメントするならば、親父しっかりしろよ!だな。ひどいぜよ。


文章全体が夢見心地というか、良い意味でゆらゆら、追いつめられた感じ・閉塞感(しかも自らそれを望んでいる)が出ていて、とてもよかったです。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。