スポンサーサイト

--.--.-- *--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT | 

花様年華 ―再上映鑑賞メモ

2008.03.09 *Sun


スクリーンで観たいなあとお正月の日記で書いていましたが、思ってたよりずっと早く願いが叶いました。
ありがとう早稲田松竹(153s SRD)
願望はどんな風にでも形にしておくといいみたいですね。結婚したいな(え)
パンフも欲しかったけどしょうがないね。


『夢二のテーマ』がいささか大音量すぎな気もしたけれど(音割れてたかも)重低音が全身に響き渡って、バイオリンの高音が耳をつんざいて至福のひとときでした。

あ、夢二カウントをしてみたところ、間違ってなければエンドロール除いて8回!!
そういえばDVDの夢二のテーマコーナーもやたら多かったなあ。
でも8回とはすごくないすか。
98分の映画で8回て。12~3分に一度流れる計算ですよ。
2人の逢瀬だけでなく、それぞれ一人でいる場面でも結構使われてたんですね。


どんどこネタバレ


チャン夫人のチャイナの美しさ(アイラインも可愛い)、とそのめまぐるしい変化が感じさせる時間の経過、屋台のすれ違いのシーンが記憶よりかなり多かったこと、同様にものを食べるシーンの多さが印象深い。
2人の食いっぷり(チャンも結構がっつり食ってるよね)がなんというか健康的な色気を漂わせているとさえ思ってしまうのは気のせいかな。

そういえばチャンがチャウに作ってあげた料理が「胡麻の水飴煮」になっててなんじゃそりゃ?になりました。
DVDでこんな知らない料理名出てきてたっけ?記憶違い?と思って調べてみたところ、珍しく私の記憶勝ちです。
DVDでは「黒胡麻汁粉」だったらしい。劇場版の方は英訳から和訳を起こしたための不可思議料理だそうです。
そりゃ字面的にお汁粉の方がおいしそうだよね…具合悪いなら特に。
あ、でもお粥は食べたくないんだっけ。よく考えたら変わった御仁。

ところで部屋から出られなくなったチャンのトイレが気になった無粋な私…部屋付き?


映像と切なさに目がくらむ。
以前格子ごしのカメラワークのこと書きましたが、鏡もすごく多用してますね。
観るたびに謎が解けるような、新たに生まれるような。
でも、あの、やったなてのはほぼ確信に近くなりました(…)
母親の目をしたチャンと、「可愛い男の子ですよ」の言葉に一人微笑むチャウ。
決定的に秘密を知ってしまった気がして、ものすごくどきどきした。

あと、シンガポールまで来てたっていうのも本編では初めて気付いたよこのにぶちんは。

携帯でない電話とか間借りとかが危うさを添えるね。
そう考えると今はなんて悪さしやすい時代なんでしょ。


本作品、ノベライズがあるみたいで、文章も美しいとか。
読んでみようと思ったのですが、子供の父親が断定されている上、チャウがアンコールで囁いた言葉がダメ男っぽいのでやめとく。
アンコールまで行ってそれはないよ、兄さん。
COMMENT (0)  TRACKBACK (0)  EDIT | 

COMMENT

Comment Form


秘密にする
 

TRACKBACK

TrackBack List



Copyright © lair All Rights Reserved.
テンプレート配布者:サリイ  ・・・  素材:TripISM
09
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
||| admin || NewEntry |||

I n f o

映画とか本とかについての
つらつらおぼえがきブログです。
鑑賞頻度はちびちびです。

時代物、欧州とか舞台なのが今のところ好み。
興味持ったらなんでもこいですが
わりと少女趣味な気がします。

のぞみ: 怠慢/惰眠/逃避癖




Calendar

08 | 2017/09 | 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30




Recent Entries + Comments






Recent Trackbacks




てをつなごう






Search






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。